スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マドモアゼルSAMURAI

DSCF0744.jpg


ボンジュ~ル♪

昨日は「殺陣」レッスンに参加してきました.
マドモアゼル、子供の頃剣道やっていて、
2段という中途半端な段持ちなんですが.
剣道とはまたちょっと違ってて、とっても新鮮!

DSCF0719.jpg


最近、マドモアゼル、
何事も初心からやりなおすのがマイブーム.
刀の名称~持ち方、姿勢、構え
全て基本からしっかり叩き込んで頂きました.

DSCF0697.jpg


DSCF0702.jpg


柳・八層・下段などなど・・・基礎の構えも教わり
ちょっとチャンバラやって、充実した時間が過ごしましたとさ.

スポンサーサイト

第一回ムネオ会

071025_1928_01.JPG.jpg


ボンジュ~ル.

本日、
地球防衛軍秘密基地「ムネオハウス」の
第一回秘密集会が、
広島風お好み焼きイートイットしながら
「堂々」と開催された.
ムネオハウスの隊員が全員揃ったのは数ヶ月ぶり。
ち~っとも地球保護出来てない、
「ムネオ隊長」の話題で、たいそう盛り上がる.

ムネオ隊長は昆虫に関しては、
図鑑に名前が載るほど功績ある人物だが・・・.
隊員は、その奇行ぶりに、
エブリデイ翻弄され続けている.
もう引退してる塚さんやマドちゃんからすると、
相変わらず珍だねぇ(笑)でいられるが、
火中にいるアユ女子とクワガタ大王は、
それこそアチチ!な栗を拾わされている思いで満タン.
そう、ここでは書けない摩訶不思議?で爆笑する、
いろんな珍事件で溢れているのが
ムネオハウス「1.2.3」なのだ.

ちなみにムネオハウスは、
生物の生態を研究している研究所?なのか?
貴重な昆虫標本だけは山のようにある場所.
隊長は、鈴木宗男氏に似ているから、
隊員らの間では「ムネオ」と呼ばれているだけで本名は・・・
なんだっけ?.
 

そういえば。
ムネオハウスの隊員は、
何故か?たまたま毎月一人ずつ
海響館」に訪れてて、
エンドリケリーエンドリケリーと暮らす、
淡水魚マニアのクワガタ大王が行った際、
「ピラルクー」のフィギュア欲しさに
¥5000以上(一個¥200.30個くらい?買ってた)かけて、
このガチャガチャをしまくってたと、
マドモアゼルのブログを観た、
アユ女子から情報が寄せられていた。

マドちゃんも、「欲しいものあって」
こないだからココで、
ガチャガチャしまくってたけど
出で来なかったんだよね~。

そうだ!彼は水族館でも
ピラルクー水槽の前で、
2時間もうっとりしていたという男.
彼からすると、「ピラルクー」以外の模型は
どうでもよいわけで.
マドちゃんが欲しい3種、
カノコイセエビとスミレナガハナダイと
黄色いオオウミウマを持っていないか?
聞いてもらうと・・・案の定出していた!

「それ!それを是非とも頂戴っ!!!」


071026_0005_01.JPG.jpg

で、今日ゆずってもらった2匹.

ありがとうぅぅ♪
嬉しいな~ん♪
オオウミウマも・・・
多分あっただろうとのこと.
わ~いわ~い♪
間もなく揃っちゃうもんねぇ~♪
ランララ~ン♪
一足早いクリスマスプレゼントだ♪


冬眠と灯明

ボンジュ~ル♪

たった数日で、ここパリ(福岡)は、いっきに季節が変わり
夜なんてブルブルしちゃいます.
すっかり毛布にくるくる巻き巻き.
そろそろ始まります.変温動物マドモアゼルの冬眠.
つまり、起きてても仮死状態の季節.

早速その片鱗が・・・.
昨日の昼間、今日はオフだと思ってたら、ジョイルから電話.
「あのぅどうされたんですかぁ?」
アレ?今日私の担当ぅ?!慌ててダッシュ!
高校生相手のオープンキャンパス.
俳優・タレント・モデル志望の子達と、綺麗に見える立ち姿と
ウォーキングレッスンやって無事終了.ふぅぅぅ.
冷えさせてごめんねジョイル.何があったわけでもなく、
ただ生体的現象.マドちゃん仮死化が始まってるダケなのね.




DSCF0676.jpg


夕べ20日は博多灯明ウォッチングの日だったので、
防寒体制万全にして、お出かけしてきました.
博多灯明とは・・・案外まだ知られてないイベント.
夜3時間しか行われないので、全部見て回ろうと思うと
早歩きになってしてしまう・・・.

DSCF0651.jpg


博多山笠で有名な「櫛田神社」周辺エリアの
街路や寺社仏閣への灯明やライトアップが施される
ちょっと幻想的な雰囲気を味わえるイベントなのです.

DSCF0659.jpg

櫛田神社の境内建物の2階から見下ろすと・・・
「博多にわか」のお面が図柄になってました.
博多には、このお面の形した「にわかせんべい」という名菓がある.

DSCF0664.jpg

にわかのお面はこ~ゆ~絵.

DSCF0661.jpg

「博多にわか絵」の灯明の側によると、こんな風に並べられている.

DSCF0655.jpg

この地区の学校のグラウンドにも灯明地上絵が描かれ
これがなかなか.スケールがでっかくてキレイなのであります.

DSCF0667.jpg

※10/19~21までの間、御供所ライトアップウォークが
承天寺、東長寺、妙楽寺で開催されています.

DSCF0668.jpg

黒田藩ゆかりのお寺や、人魚伝説のあるお寺、
日本で初めてお茶の木を植えた「茶の祖」の寺、
我が国最古の禅寺など、名跡が立ち並ぶこの御供所のエリアは、
400年前の寺社町の佇まいを今に残す文化財地区.
路地に一歩入ると、まるで江戸時代.博多じゃないみたいな景色です.
着物でしゃなりしゃなり歩くといいカンジ.
案外地モティーでも知らない人が多いかも.
路地裏散策が楽しめるステキなところなのであります♪

DSCF0670.jpg

右側に移ってる人影は幽霊ではありません.
スローシャッターでの撮影で、
通行人の残像が映ってるだけで~す.

帰宅後、身体が冷え冷えだったので
そのまま毛布にクルクル巻き巻きになってTV観てたつもりが、
気がつきゃ、そのまま10時間くらい脳死してた(驚)
・・・う~む.やっぱり冬眠inのようです.



●博多・灯明ウォッチング
http://toumyou.hakata.net/

●マドモアゼルのWEBサイト「ESPRIT」リニューアル!
日替わりエッセイ・リリック、常時更新中.
http://web.mac.com/esprit.k/iWeb/Site%204/Welcome%20.html


体内回帰3

071017_1526~02.jpg

水族館で買った、自分へのおみや~げ。
「日本水族館立体生物図録」
水中生物のフィギアが入ったガチャガチャ。
一個¥200。


マドモアゼル、普段あんまり物欲のない人。
ちょくちょくふらりとお買い物はするけど、
ブランド品や、高級なんちゃらには全く興味がない。
モノは、ありゃあったでありがたいが、
なきゃないで不自由はしない人。

こんなマドちゃんでも触手を揺らすモノ。
動物・植物・生物・天体・自然に関するモノ。
書籍・写真・リアルなフィギア・・・。
(※ぬいぐるみ類は持たない)

数年前。
チョコエッグの動物フィギア、
陸上動物メインでガッツリ集めた。
いわゆる大人買い。
チョコレートねぇ~食べきれず困った困った。

このたび見つけたガチャガチャ。
「水中生物版!」見つけた途端シビレた!
しかもチョコエッグと同じ天下の海洋堂制作!
細かいディテールまでこだわっててよくできてるの。
いや、これ、いっとかなでしょ!
かといって、マドちゃん、チョコエッグん時同様
全種が欲しいわけぢゃない。好きなものだけ欲しい。

黄色いねオオウミウマ(たつのおとしご)と
カノコイセエビと
スミレナガハナダイが欲しいだけなの。
詳しくは下記の「知のワンダーランドHP」に
見本が出てるよ♪楽しいぞぅ。

がですよ。
たかが3つ集めるのに、どれだけの犠牲がでるか。
これね、くじと一緒。
とりあえず、四つ買った。
(2つは人へのおみや~げ)
2個開けてみた。

はずれぢゃぁぁぁぁぁぁぁん(号泣)!

マダコとナポレオンフィッシュ・・・。
ペンギンは全部におまけで入ってる。
いらんちゃ・・・(涙)

ああぁぁぁ・・・コレさ、
水族館用の企画だから、普通に売ってないんだよぅ。
20個くらい大人買いすべきだったかなぁ?
3つの為にぃ?ほら、勇気いるっしょ。
これがコレ系買う時、戦うとこなんですわ。
福岡のマリンワールドにもあるとかいな?
わざわざ下関まで行けんもん。

黄色いたつのおとしご欲しいよぉぅ・・・(ウルウル)


(追記)
マドちゃんから歓迎されなかった子達。
捨てるにゃ可愛そうだし・・・
OH!ナイスプレイス!発見ッ!
ここにコッソリ置いとこう♪
おっ!なんだか賑やかになったぞぉぅ♪

ってなわけで、
ナウ、実家、ウィンザー城の「神棚」には、
宗像大社の神様と、
マダコとナポレオンフィッシュとペンギンが祭られている。
手八丁口八丁、いろんな面白いことが起きるかも。
タコなだけにね。
ってどんなご利益や?
パパンヌ王が絶句する姿が目に浮かぶ。うっしっし。

071017_1530~01.jpg

右のたて列の3個が欲しいっ!



●知のワンダーランド
http://web-aquarium.net/wonderland/zuroku_n/index.html


マドモアゼルのWEBサイト「ESPRIT」、リニューアルしました!!
数日留守してたので、今晩一気に更新予定。
http://web.mac.com/esprit.k/iWeb/Site%204/Welcome%20.html

体内回帰2

071017_1154~01.jpg

水族館を出て「荒戸市場」へレッツラゴー。
下関の台所。いわゆるフグ市場のメッカ。
流石に今日は、哲也もカネゴンも買わないよ。
連日連夜ぢゃアホになる。

詳しくは昨日・一昨日と
ブログをさかのぼって読むべし。


071017_1202~02.jpg

荒戸市場へ行くならば、
土日・祝日の九時頃~がいい。
各鮮魚店が、こぞって即席握りずし屋に早代わり。
韓国の市場みたく、店先の椅子に座っても頂けるし、
専用プレートがあるので
いろんな店から好きなネタだけ一貫ずつ買って
お外のベンチで海を眺めながら頂いてもよい。
お値段はネタ次第。百円~数百円とピンきり。
とっても混んでて午前中でネタがなくなる。
フグ汁¥100くらい?かな。

雑多とした市場の中で、
新鮮で旨い握りを頂く!のが面白いわけで、
旅の恥は掻き捨て。
イベント的ノリでお出かけになるとよかデス。


071017_1258~01.jpg

名物の「フグ刺し」。
食卓用から、こういうお使い物まで売ってるよ。
トラフグは、流石にいいお値段だわよ。

いくらフランスルイ王朝のマドモアゼルであっても
再々トラちゃん召し上がってるわけではなくってよ。
トラフグでなきゃ、お安いんですってば。

だってフグはもんのすごい種類いるのよ。
フグ目で500種、フグ科では120種程いて
日本には9属37種が棲息しているの。

食用可能な種類はフグ亜科では
ハリセンボン科3種、フグ科トラフグ属13種、
サバフグ科3種、ヨリトフグ科1種、
モンガラカワハギ亜科ではハコフグ科1種で
合計22種も食べれるのですから!

アゲゆえに、まどちゃんち
ちょくちょくフグチリ楽しんでるわけ。
贅沢三昧してるわけではないのだ。

教訓。
トラフグは、自分で食べるべからず。
こりゃ、誰かスポンサーがいる時にこそ
ごちそうになるのが正しい頂き方。
だからこそ「心の底から美味しく頂ける」のデス!


071017_1151~01.jpg

いっしょにふくれてみた。

つづく



体内回帰でボンジュ~ル!

071017_0945~01.jpg


ボンジュ~ル♪

今年はよく船に乗る。
今日も小倉~下関の彦島までフェリーで渡り、
「海響館(水族館)」までレッツらゴーひろみ。

マドモアゼルはダイバーなので
海の生き物さんは大好き!
食べるのも、見るのも、水中写真撮るのも好き。
魚市場も、各地の水族館巡りも大好き♪


071017_1142~01.jpg

出口に大きなシロナガスクジラの標本が
天井からつるされている。10m以上?
もんのすごく大きい!

海響館は、数年前にオープンした新しい施設。
下関というご当地ならでは、「ふぐ」の種類が豊富。


071017_1111~02.jpg

ハリセンボン、ポンタかわいい!
この子は稀に見るデカさだった!!!

昔、沖縄の慶良間の海に
ポンタという、ダイバー達から愛されてた
伝説のハリセンボンがいてね。
以来、マドモアゼル、
でっかいハリセンボンのことはポンタと呼んでるの。


071017_1126~01.jpg

本州と九州を結ぶ関門大橋の袂、
関門海峡に面して建ってる水族館。
ウォーターフロントなデートコース♪


071017_1134~01.jpg

もちろん、イルカのショーもある。
アシカがお手てをパタパタさせたり
体をグニャッてするのが可愛い。


071017_1125~02.jpg

マドモアゼルの好きな
スナメリちゃんもいる♪
マドモアゼル、お鼻のない
スナメリやゴンドウイルカやベルーガが好き。


071017_1112~02.jpg

マンボウ。おめ目が悪くて、
水槽の壁に体当たりしちゃうから。
どこの水族館でも、
内側にビニールの幕を張ってある。
どうしてまたこんな体型になったんでしょ。
背びれとハラビレ、ペラペラして泳ぐんだよね。


071017_1105~01.jpg

「ダメだこりゃ!」 

長さん顔のハタ(クエ)
海底のドン。
ダイビングすると
水深40メートルくらいの深場の
岩場の海底にドロ~ンといるよ。
水中で見ると、主の貫禄ありすぎて怖い。
だって、一m以上大きくなるのに
何年もかかる貴重なお魚。
だからね、いつも思うの。
漁師さんの網にだけはかかりませんようにって。
勝手なものでね。助けてあげたくなる。


071017_1123~02.jpg

くらげはいい。
ダイビングも、水族館も、くらげという存在も
体内回帰を彷彿とさせるから好きなの。
お母さんの羊水に浸かってる時の安堵感。
青い静寂。

マドちゃん、クラゲ的生き方もいいな~。
たおやかに、気追わず、穏やかに、赴くままに。
最近の過ごし方は近かいものがあるかも。
脳みそボケては来たが、とっても心地よい。
糸井重里さんもゴンチチのチチさんも
クラゲ好きだもんね。


071017_1141~01.jpg

ひゃゃゃゃ!!!!!
怖すぎぃぃぃ!!!!
お土産の棚にあった顔!
上手いんか下手なんかわからん!
不気味すぎぃぃぃぃ!!!!!

誰がこの蛸フェイスマスクかぶるんだろ・・・。
お化粧がつかないように・・・
って、ギャルがかぶってるのかぁぁ?
オカン集団なのかぁぁ?
変なものフェチマドちゃん?
まんざらでもなかったけど(ポッ)
この無表情な顔に購買欲が失せた。
商売の妨げになっとる。いかんやん!


つづく。



今夜はカネゴンイートイット!

071015_1521~02.jpg

羊雲だって。高積雲。秋の雲だよ。


ボンジュ~ル♪

ウィンザー城にて
マッタリウィーク続行中。

昼間はリビングでマッタリこん!
「亀田親子に厳しい審判!」なワイドショー
を見てたら、いつの間にやら脳死する。
夕方、ようやく覚醒したと思いきや・・・
マドモアゼルの枕元に、
靴下王子(ウサギ)の糞がコンモリモリモリ盛られてた。
それも律儀に左右に分けてお供え状態。

ワタシは遺体か?
 
何なに?
それは、お団子のあんこだよって?
靴下ちゃん、これはね、あんこぢゃないよ
うんこだよ。
お母さん、こんなお供えものはいらないかも。
今度からお供え物は紙幣の束にしようね♪

おちおち脳死(昼寝)もしとられん・・・。




071016_1609~01.jpg

今夜は「カネゴン鍋」にしよう!
気をとりなおして魚市場へいく。
お~お、おるおる。
アンコウはどこの店でもこうしてお腹を出されて
ベロベロドヨ~ンとしている。


ankou.jpg

なぜに「あんこう」がカネゴンなのか?
だって、お顔がカネゴン似なんやもん。
ホラ、ね。だからカネゴン。


page-6977.jpg


071016_1739~01.jpg

冬の食卓の風物詩、「カネゴン鍋」。
マドモアゼル家ではよく召される。
ちょっと甘めの出し汁で作るとボ~ノボ~ノ♪
我がルイ王朝的鍋といえば、コレかフグチリか
鳥団子、味噌キムチ鍋が定番。

フグの産地下関は、
あんこうの水揚げ高も日本一。
近年、カネゴン料理が人気となりつつある。
価格沸騰しなきゃいいけど・・・。
ま、福岡は安いから平気か。


071016_1756~01.jpg

ほ~ら、ここんとこいっとかな!

カネゴンは「美食食材」なのだ!
ブニョブニョした皮はゼラチン質のコラーゲン。
ヒアルロンサンの塊!
白身はプリンとしてて、フグみたい。
でも煮てもフグほど硬くならないので、
カネゴンの方がお薦め。
何よりお求めやすい価格だし♪





ちょっとだけだよ。
ホントにちょっくら覗くだけ。
渡りの哲也いけす、見てみたよ。


きゃゃゃゃゃゃゃーーーーーーー!!!!!!!
哲也数が増えとる!昨日の五倍!!!!!! 
一匹¥300。安ッ!


結局ま~た連れて帰る。
だってぇ・・哲也がマドちゃんに召されるならば
本望だってゆうんだもぉぉぉん。


071016_1643~01.jpg

哲也のオス・メスの見分け方。
お腹の白い三角がビョ~ンと長いのがオス。

071016_1644~01.jpg

お腹の三角が黒くておにぎり型なのがメス。
よろしくて?

しこたま頂いたわ。
あぁぁ・・・
これでしばらく哲也にはお会いできなくても
マドちゃん大丈夫よ♪




お知らせ!
マドモアゼルのWEBサイト「ESPRIT」、リニューアルしました!!
http://web.mac.com/esprit.k/iWeb/Site%204/Welcome%20.html

今日こそ哲也をイートイット!

071015_1531~01.jpg

今日はウィンザー城近くの海沿いにある「とと市場」へ出向く。
旬になってきた「あんこう」も尻目に、
先週の伊都市場の時からこの心をパシィィィっと挟んでた
渡りガニの「哲也」いけすへまっしぐら。
おるおる、おるねぇ~♪ちょっと小さいが許すよ哲也。
今日は君を連れて帰るからね哲也。
そう、今日こそは渡りの哲也をイートイット!




ボンジュ~ル!

マドモアゼル、ナウ、オータムバケーション中。
イギリスのウィンザー城(実家)にプチトリップしている。
靴下王子もトゥゲザーだ。
何度もいうが、靴下は衣類ではない。ミニウサギだ。
彼は再び城の柱中に芸術的トーテムポールを施そうと
意気揚々と構えている。
そんなこととはつゆ知らず、パパンヌ王ママンヌ女王は
かわゆい靴下王子にゃデレデレだ。
「靴下よ、やるなら今のうちだ。
 心置きなく家中噛みまくりなさい」

おとといはパパンヌ王の「三千五百万歳」のバースデイ。
そう、我がウィンザー一族は魔法使い家系なので
妙な年齢計算がなされている。
マドモアゼルのみは、日常生活に差しさわりのないよう
西暦どおりのリアル年齢。
だから二十歳。




なんだか隙間風。




071015_1614~01.jpg

パパンヌ王のバースディパーチー第二弾。
今夜のディナーは哲也とお刺身と朝倉牛の焼肉。
メタボリックさんいらっしゃ~いメニューだ。


071015_1632~01.jpg

哲也は茹でられた。

071015_1634~01.jpg

哲也は召された。

ああ、哲也ってば、なぁぁんてこんなに甘くて
ウマウマなんでしょ♪
マドちゃんあなたが大好きよぉぉぉ♪

なわけで、
トゥディは画像までもがアイラブ哲也づくしとあいなった。
明日は・・・アンコウ鍋でもイートイット♪




お知らせ!
マドモアゼルのWEBサイト「ESPRIT」、リニューアルしました!!
http://web.mac.com/esprit.k/iWeb/Site%204/Welcome%20.html
THEME:蟹・カニ・かに | GENRE:グルメ |

隣の男

ケラリーノ・サンドロビッチさん演出の舞台に
「噂の男」という、とっても面白かった作品があるが
今日は市原悦子なマドモアゼルが「隣の男」の話をしよう.


071010_2153_01.JPG.jpg


「マドモアゼルは見た」

夕べ.トワレットの窓越しにその姿を見た.
「隣の男」がI'm homeするところ.
といっても彼は独身だ.それも多分であって未確認だ.
少なくともココでは常に1人だ.

「隣の男」
彼がベルサイユ宮殿の「隣」の間へ越して来たのは・・・
今年に入ってだったっけな?忘れた.
引っ越しの挨拶がなかったから今だ何者か?わからない.
てっきり新婚で新居として入居したんだと思ってたら.
部屋を借りただけで、何ヶ月も住んでる気配がなかった.
「何故に借りてんだ?」
そこからマドモアゼルの好奇心の芽がニョキニョキにょっキッキ.
市原マドモアゼル「マドちゃんは見た」バージョンが始まった.

「隣の男」
時々、平日の昼間に「黒いポルシェ911」で乗り付けて
数時間過ごして、またどこかへ「帰って行く」
のが初期パターンだった.
部屋にはカーテンをつけてあるだけで、
家具はないに等しい(最近テレビを置いたようだ、音がする)
リビング・キッチン側が道路に面しているので、
夜、明かりが灯っている時に、
ブラインドの隙間から垣間える光景がホントに何もない!
ちなみにベルサイユ宮殿のLDK、天井高くて壁紙真っ白で
16帖くらいあるからここに何も家具がないと・・・
もんのすごく殺風景!
いつまで経てども「女性の影」「他の人の影」もない.

市原マドモアゼルは考える.

一部屋だけ、越して来た時からカーテンがしまりっぱなしで
中の様子が全く見えた事がない部屋がある.
「何かヤバいもんでも栽培してんじゃなかろうか?」
「実は何か監禁してんじゃなかろうか?」
何もなければ、男の寝室はココなのか?

「隣の男」
見た目、40代?やや中年体型.
ルックス・・・●×※▲&#○.
スーツではないがきちんとした身なりの男.
医者っぽくもあるし、IT関係?プログラマー・・・?
一見堅気で賢そうに見える.
「税金対策で借りてるんじゃなかろうか?」
「家族が居て、一人の時間が欲しくて密かに借りてるんじやなかろうか?」
「遠くに住んでいて、時々出張でくるから、
 ホテル代払うより借りていた方が割安で借りてるとか?」
「結婚が直前に破棄になって、まだ借り続けてしまってるとか?」
「いや、広い部屋フェチかもしれない!」

「隣の男」
とにかく謎なのだ.

夕べは21時頃~滞在している。
コンビニでお弁当買って来ていた。
部屋の台所も多分使用してない。
今日は午前中には出て行くだろう。
今晩また帰ってくるかはわからない。
でも最近は頻繁に来ていて泊まって行く。
住み出した?カンジなのか?
ちょっと進化しだした。

「隣の男」
こうしてもう数ヶ月も、
市原マドモアゼルの好奇心をくすぐっている男なのである.
っていうか、そんな贅沢な借り方するなら、
マドモアゼル、掃除してあげてもいいから
一部屋「荷物置き場」として貸してちょうだい!
と思ってるのが本音だったりする.


(追記)
ナウ、朝6時33分.隣の男が出て行った!
えらい早いぞ~(驚)
ってか、こんな時間に
「その男の話」書いてるワタシもワタシだ.





●舞台「噂の男」
http://www.parco-play.com/web/play/uwasa/index2.html

I'm wordphile♪3/3

511C5VJ8FJL._AA240_.jpg

恐るべし寺山修司さんッ!!
ここにきてアナタのリリックに一撃食らうとは
思いもよりませんでした.
今週号の「BURUTAS」で紹介されてたコトバで
一番シビレたのはコレ.
ああ・・・縦書きに書きたいなぁぁ・・・




半分愛して  寺山修司

月から雲が半分 のぞき
グラスにお酒が 半分あるの
海は今夜もまっくらくらで
幸せ気分が 半分するの
私を半分愛してください
全部は いやよ
全部は こわい

庭のダリアが半分咲いて
部屋の明かりも消した
酔えば頭がまっくらくらで
半分笑って 半分泣いた
私を半分愛してください
全部は いやよ
全部は こわい

青いメロンを半分食べて
明日のために半分残す
あなたなしでは生きられぬから
夢も不安も残しておくの
私を半分愛してください
全部は いやよ
全部は 明日





舞台の脚本書かれる作家さんだけあって
コトバにリズムがあって、音読しても心地よいリリック.
昭和の歌謡曲っぽさたっぷりだけど、そこがまたいんデス!
ツボ押さえてマス、これ.
女性の中にある「恋に恋する乙女心」.

奥ゆかしげなんだけど・・・
目の前に相思相愛のカタチがありすぎても
ホントかな?と不安になってきちゃうぅ.
とかいいながら、心の中には
「とっても愛されたいの!」

寺山先生っ!憎すぎマス.
「全部は いやよ.全部は あ・し・た♪」ってアナタ、
こんなもったいぶったこと、好きな子から言われてミソ.
ダンダンダン!!(面白すぎて机を叩く音)
そりゃ殿方シビレルくさぁぁぁ~っっ!!!!(大盛り上がり)
  




萌えぇすぎて、冷静に見るとカユくもなるが
コレは素晴らしいリリックです!難しくしてないとこがステキ♪
人の心打つものには
「分りやすくて共感できる部分がある」からこそ
多くのパーソンから支持されるわけなんだけど.
コレね、あり過ぎ!!!
宇治金時かき氷に「あんこ」かけ過ぎぃみたいな(笑)

マドモアゼル、仕事上作詞もしてきましたが.
ワタシも色んな比喩しながらも~所々パシっ!
とハッキリしたいとこあって、
男性ディレクターからダメだし食らうこと多々ありました.
「女の子の口からあんましストレートなコトバは聞きたくない」
んだとさ.ワタシの表現してきたレベルなんぞ可愛いものだけどな~.
椎名林檎ちゃん、COCCO、クーチャンとかのがよっぽど激しいぞぅ.
女子校に一週間監禁されると、そんなの幻だったとわかるって.
女の子の世界「萌えぇぇ」な時ほどお腹ん中は怪しい(笑)
アキバ系の女子、ギャバクラのおネェさん・・・
何故萌え萌えなさるのか?・・・
お金いっぱい使ってませんか?(笑)

さておき、
誰がそれを表現するかでも「持ち味」変わります.
「半分愛して」を
黒木瞳さんが言うのか、杉本彩さんが言うのか
女王エリカさまがいうのか、長澤まさみちゃんが言うのかで
全然テイストが変わりマス.
歌として石川さゆりさんが歌うのか、ドリカムが歌うのか
大塚愛ちゃんがうたうのかでも全然イメージ違う.
そこがプレイヤーの持ち味でコトバの響きが持つ二面性.

しかしやられましたぁ~!!!
「流石は昭和の生んだ執筆のドラキュラ」
こんなにお色気サクランボみたいな作品が
おありだったなんぞ、知らずにおりました.
このたび、すっかり腰が砕けたマドモアゼルであります.





●寺山修司
http://www.asahi-net.or.jp/~cw5t-stu/TERAYAMA/terayama.html


THEME:物書きのひとりごと | GENRE:小説・文学 |

I'm wordphile♪2/3

071004_1606_01.JPG.jpg

BRUTUSの今週号.
「言葉の力」っていうナイス特集をやっている!
是非ともご覧あそばせよ.すんごく面白い!!!


活字フェチ、コトバフェチなマドモアゼル.
もの書きに憧れて日々精進中.
「コトバに関するもの」は三度の飯よりもそそられる♪



 
箭内道彦さんという広告クリエーターがいる.
「広告界の異端児」と言われ
音楽好きで面白い発想されるマドちゃん注目の人.
CMを多く手がけるだけあって、当然
「コピーで使われるコトバ」にこだわってる.
今回のBRUTUSでも「CM用コピー」について語られてる.

●ただ一度のものが、僕は好きだ.By秋山晶/キャノン販売

彼の好きなコピーを選ぶと刹那的なものになるという.
二度とこない今一瞬を切り取ったようなコトバ.
それぞれ人々の「今」をもっとキラキラと輝かせて
ドキドキとさせてくれる.
その存在とシズルが広告と同価になる.
そんなコピーこそがいいコピーで、
いい広告なんだなと思うそう.



今、この一瞬に「生きてるコトバ」.
素敵じゃないですか♪
そう、
コトバは生き物だからマドモアゼルも好きなのです.
以前も書きましたが、
コトバにも「旬」があって、
キモチの旬の時に発信しときたいって常々思う.
鉄は熱いうちに打てじゃないけど、
今日じゃなきゃ意味がない!って思うコトバがあれば
今日中に伝えるようにしてマス.
例えば、人とステキな時間が過ごせて
感謝のキモチでいっぱいだったら、
出来る限り熱が覚めやらぬうちにお礼を延べたい.
興奮状態で支離滅裂なこと発したとしても
それが「旬のコトバ」だから、
思い入れや温度感が違う気がするのですよ.

そして「刹那的なもの」ですか.
大好きデス!
「ああ、もうこんなことは2度とないんだな!」
って思えると、
その出来事がすんごく大事な宝物に変わりマス.
それが至福の輝きになる.
人生とは刹那の束で出来てると思うのです.
そしたら毎日・毎分・毎秒が宝物だらけじゃないですか!
すんばらしい!すんばらしすぎるぅ~!
もぉぉぉう!
ほおずりしてぎゅうぎゅうしちゃいたくなるッ♪
愛しいものってそう感じません?
マドモアゼル、いつも
ココロの中が「愛しきもの」で溢れていたい.
とっても贅沢なことじゃ~ありませんか!!!

(追記)
コピーライターとしては
糸井重里さんのしゃべり口調風
優しいコトバのコピーライトが好きだな.




●BRUTUS
http://www.brutusonline.com/brutus/index.jsp

●箭内道彦
http://www.web-across.com/special_issue/d6eo3n000001quv5.html

●「風とロック」
http://www.kazetorock.co.jp/

●ほぼ日刊イトイ新聞
http://www.1101.com/index.html



THEME:物書きのひとりごと | GENRE:小説・文学 |

「竜馬は逝く」太く短く.

200710021423000.JPG.jpg



長崎の街に、
「龍馬通り」という坂道があります。

かの坂本龍馬ゆかりの場所。
亀山社中跡を経て、風頭公園へ至る
石段まじりの細道。
坂本龍馬や、幕末の激動期を生きた亀山社中の志士達が、
どこへ行くにもこの通りを上り下りしていたという坂道。
夢に溢れていた青年の日。
龍馬達はどんな計画を語り合い、
ここを歩いたのでしょう。


マドもアゼルにとって、
「生き方が好きな男」のひとり。
坂本龍馬について、辿ってみます。


200710021424000.JPG.jpg



時は文明開化前。江戸幕末。
土佐の下浪武士を脱藩してまで、
自分の夢に生きた男。

グラバー氏達との出会いによって、
海外の思想に憧れを抱いていた青年。
土佐の下級武士だった彼のどこに、
こんな大業をなせる才能と、
パワーがあったのでしょうか。


071002_1435_001.jpg



かのエジソンのごとく。
「それだけをひたすら考える」
少し不器用な思考回路の持ち主だったのかもしれません。

歴史上に名を残す達人は、
人の風刺や常識に「捕われない」「縛られない」
チャンネルを持っています。
だからこそ自由に夢を描き、
自由に動けたのでしょう。
その証拠に、後に描かれた伝記の面白いこと!
ネタの宝庫です。


071002_1431_001.jpg



例えば。
龍馬は、我が国で初めて「ブーツ」を履いた男で、
初めて「新婚旅行」をした男でもあります。
当時のガチガチな封建社会において、
脳味噌がとてもフレキシブルで、
「プロパガンダ的カルチャーリーダー」でした。


071002_1433_001.jpg



彼が今だ多くの人々を魅了してやまないのは、
有言実行型で、やんちゃで、賢くて、剣の達人で、
できることを威張らなくて。
鳥の目と虫の目を持ち合わせた、
好人物だったことにあります。

また、彼の下で働いたものは、
皆、喜々として動いたそうです。
ココロに響くメッセージを伝えたり、
仕事にゲーム性を取り入れるなりして、
やる気にさせるのが上手かったのだそうです。
愛さずにはいられなくなるような、
「人を動かす天才」でもありました。



200710021412000.JPG.jpg



伝説に残る人というのは、
ハッピーエンドではない運命から
いっそうの輝きを増すとこがあって。

龍馬の生涯もそうでした。
愛される分だけ振り子は大きくなって、
嫉妬を抱いたり誤解したり、
邪見に思う者も現れてきます。

龍馬は慶応3年11月15日(1867年12月10日)
風邪を引き、京都河原町の近江屋新助宅母屋の二階で
中岡慎太郎とのだんらん中のこと。
突然、十津川郷士と名乗る男達数人から襲撃を受け、
その額は深く斬られ、
あっけなくその生涯を閉じました。
命日が、旧暦の誕生日と同じというのも、
何か「運命的なもの」を感じます。

享年33歳。
若すぎます。
それでも、一般的に生きた人の
人生配分に直すとするならば、
70才くらいの寿命に相当するかもしれません。
そのくらいギュッと濃縮された人生でした。


071002_1441_001.jpg



彼にとって、時代の夜明けを見届けないまま
「夢半ば」にして散ったことは、
「不本意」の何ものでもないでしょう。
太く短く.そして花びらのように散る人生。
その焦れったさこそが、
激動の時代を生きた「ヒーロー」と
讃えられる由縁でもある気がます。

そんな類いまれな存在に着目し、
光をあてたのが、作家・司馬遼太郎氏でした。
司馬氏の書籍「竜馬がゆく」の功績によって、
彼は死後から有名人になりました。
今日、マドモアゼル達が知る龍馬のイメージとは、
司馬遼太郎氏が描いた龍馬像といっても
過言ではありません。


071002_1449_002.jpg



人生とは・・・さもありなん。

人生計画をがっちり建て遂行していても、
思いもよらない波乱は起こります。
マドモアゼル自身、
ダラリと長生きすることには興味がなくて。
どちらかというと、
龍馬的「ギュッと濃縮された人生」に憧れます。
大事なことは、どれだけ生きたかよりも、
どう生きたかだと思うからです。

ですからね、いつ終わりが来ても、
「あぁ生きてきて面白かった」と言えるよう、
悔いなく日々満喫して過ごそう!
今日もココロに掲げている
マドモアゼルなのでした。

ね、龍馬さん。






●龍馬写真館
http://inforyoma.com/

●長崎マップ・坂本龍馬ゆかりの地
http://www.at-nagasaki.jp/area/c004/


THEME:エッセイ | GENRE:小説・文学 |
カレンダー
09 | 2007/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

マドモアゼル

Author:マドモアゼル

沖縄の海に珊瑚を植えよう!
プロジェクトに参加しています! ただ今30人の仲間といっしょに 珊瑚の種付け待機中↓ アナタもお友達と一緒に 珊瑚の里親になりませんか? 詳しくは文字をクリックしてね
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。