スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明日は腸捻転(汗)



はーい、ボンジュ~ル♪

マドちゃん、疲れっちんぐマチコ先生よぅ。
こないだから、夜な夜な考えてた振り付け。
取りあえず、トゥデイ学生に伝授バ~イ。
汗ダクダクダクダクで5000リットルよ~(必)

furi.jpg

マドちゃんが創作するフリは、
ヒップホップ系とかジャズ系の
いわゆるカッコいい系は創りません。
ついつい、ラッキー池田さんちっく
面白ヘン可愛いみたいなのになるとデス。
何でもキッチュポップ好み♪
珠玉のディスコナンバー
アラベスクの「ミッドナイトダンサー」に
モー娘。と三瓶と倖田來未ちゃん風
足して3で割ったみたいな振り付けしたも~ん。
後はリハーサルしながら、
また考えるバ~い。

DSCF1407.jpg

ついでに、マドちゃん作の
劇中歌のメロディーと歌詞も
伝授したば~い。
歌詞は・・・納得できとらんので
またちょっと変えるば~い。
取りあえずメロディー覚えとったら
リハーサルもやりやすかろぅ~?
こっちは妙な歌謡曲風ダンスと違って
かっちょよ~く、ソウルフルに歌いんしゃ~い♪

調子こいて踊りすぎました。
腰をグルグル回しすぎました。
やったねパパ!明日はホームランだ!
・・・でなくて、明日は腸捻転だ(汗)

DSCF1396.jpg

み~んな20歳♪いい感じの20歳♪
よっ!ピッチピチだねっ♪



●マドモアゼルのアーティストサイト「ESPRIT」
 日替わりエッセイ・リリック、日々更新中
 Esprit  Webサイト 

スポンサーサイト

ダンシング・ひーはー!



ボボボ ボンジュ~ルゥぅぅ♪

ランララ ランラ 
ランララ ランラ♪

マドちゃんトゥデイは上機嫌んんんん♪
な~んで なんで?なんでどスぅ?
とある試験が合格しぃ~♪
着物でツーステップ アイムホーム♪

★ヤッホー ヤッホー ヤッホっホー!
 ズンチャカ ズンチャ ダンシングぅ~♪




そしたらコ~レが届いてたぁ~♪
マドちゃん敬愛する大王のぉ~♪
この夏あったアホ舞台ぃ~
「ひーはー」「ひーはー」ひーはっはーっ!
待ちこがれてたよDVDぃぃぃぃ♪

★ヤッホー ヤッホー ヤッホっホー!
 ズンチャカ ズンチャ ダンシングぅ~♪

まどちゃん、まぁぁぁた、盛り上がるぅ♪
狂おしきサマーデイ カムバックぅ~♪
今夜は早速 オールナイトロング♪
鑑賞会だよ ひーはっはー!
あ~あ なんて~いい日だろぅ♪
神様 神様 ありが10匹ぃぃぃ~♪

★ヤッホー ヤッホー ヤッホっホー!
 ズンチャカ ズンチャ ダンシングぅ~♪

★をくり返す



●マドモアゼルが敬愛する演劇人&脚本家
 後藤ひろひと大王(king)&Piper HP
 後藤ひろひと大王&piper HP

●マドモアゼルのアーティストサイト「ESPRIT」
 日替わりエッセイ・リリック、日々更新中
 Esprit  Webサイト 

ファリーナでボーノボーノ

071117_1232_01.JPG.jpg

今日はイタ~リアからボンジョ~ルノぅ♪

マドモアゼルはパリジェンヌだけど
イタ~アン大好きッ子。
ああん、
そもそもフレンチのルーツはイタリアンよぅ。
メジチ家のお嬢が政略結婚でフランスへ嫁いだ時。
自分ちのシェフ連れてったとこから、
フランス料理が発祥して行ったのでした。

んなこたどうでもよい。
今日はパスタが食べたかったのデっす!
で、お出かけマドちゃん。
渡辺通り交差点の側、イターリアン、
「フォーリナ」。

071117_1229_01.JPG.jpg

石釜で焼く本場南イターリアン風ピッツァで
有名なお店。

071117_1157_01.JPG.jpg

マドモアゼルの大好物
「マルゲリータ」をイートイット!
焼きたてのピッツァが運ばれてきマス。
「ぼ、ぼ、ボォォォォォォノッ!!(歓喜)」
ピザ生地バリウマッ!
今まで食べたピッツァで一番美味しいかも!
なんでしょ・・・ドテっと重くないというの?
分厚そうに見えて中が空洞だから、
サクッ&モチっと、でもライト!みたいな...。
ライトな生地とモツァレラチーズが最高に合うの♪

はぁ~ん
お口の中の~ルネッサンスやーぁぁ~♪

え?パスタは?って?オフコース頂きました。
トマトソースとタマネギだけのシンプルパスタ。
アルデンテよりちょっと固めで、そっちもボ~ノ!

071117_1404_01.JPG.jpg

焼きたてホヤホヤのピッツァを
イートイットしたあとは・・・
出来立てホヤホヤの「LOFT」へレッツらGOひろみ。
健康機器売り場にて。
TVの通販でよく見る、お腹の体脂燃焼させる
ブルブルマシーンをお試ししてみました。
ひょぉぉぉぉぉぉ!!!
こ~りゃ想像以上にブ~ルブルばぁぁぁい!!
効くのかどうだかわからないけど、
急に血流よくなったせいで、
ちょちお腹がかゆくなりました。
かきかき。
もっとブルブルメモリー強めにしてみました。
外した後、ものすごカユくなりました!(困)

かいい、かいい、かゆ過ぎばぁぁぁいい!!!!!


散々ブルブルした癖。
コレは買わずに、
醤油さしとハーブティー買って帰りましたとさ。


セレ部11月のお誕生祭(入院前)




ボンジュ~ル♪

夕べはパリ社交界のセレブが集う
社交界の集いが開催されましてよ。
その名も「セレ部のお誕生祭」。
毎月、誰かのお誕生日をお祝いする、
ナイスな?
・・・いや、正しくは
「暴れん坊大会オールナイトロング」。
2年前、マドモアゼルのお誕生祭からスタートし、
夕べは12名で「奇声を発し」てましてよ。
だいたい一次会で「笑いすぎて」
喉つぶすパーソン続出。
和気あいあいレベルでなく、
ずぅぅぅぅぅっと身体張って爆笑ですことよ。


13.jpg


今月の「お誕生日」は、ラジオDJのJKと
アート系専門学校スタッフの加奈子ちゃん。
セレ部、部員にはちゃんと皆から、
プレゼントが贈呈されるのです♪
「ゴングラッチュレェェェショォォォン♪」
どうぞ素敵な1年を。


1_20071117032540.jpg


セレ部は、いかしたパリ社交界に君臨する
セレブリティー集団なのだけど、
いっつもね、爆笑しまくってるから・・・
行く先々のお店のギャルソンより、
「お静かに!」と、小学生並みな
教育的指導を頂戴しましてよ。
毎度のことなのに、
今だちぃぃぃっとも学習できない人達よ。
だってセレ部ですもの、仕方ないのよ。
素敵過ぎるワタクし達なのですもぉん。
ゆえに、ここに参加する際には
最強の声帯と体力がいるのよね。


8_20071117032548.jpg


セレ部に属すると、
もれなく「セレブリティーな芸名」も
頂戴できましてよ。
ジョイル、アホ、マイコー、ブラブラ、パールちゃん、
豆さん、ブンブン、リーツー、筋袋、マドモアゼル、
キャンディー、素泊まり雑魚寝チーチー。


9.jpg



二次会は「大ボーリング大会」なのです。
前回から、賞金が出るようになりまして、
ちょっちマヂ入りだしましたが、
基本、1ゲーム目は、足縛られたり、
首締められたり、レーンに靴が並べられたり、
服引っ張られたり、レーンにダンサーが登場したり、
2人平行して投げられたり・・・
ラジバンダリぃ~。
なんだかハンデが多すぎですことよ。
ああん、もちろん!
ここでも「暴れないで下さい!」と
幼児並みの教育的指導を頂戴する、
あぁ、セレ部りてぃ~。


11.jpg


こんくらいぢゃ、帰れないわよ。
その後は、ゲーセンでゲームやって
〆るのがお約束。
ここでUPできないよな、地獄絵図が・・・
本来の「セレ部らしい姿」なのだけど・・・。
そればメンバーになって初めて
「知ることの出来る世界」
なのでございましたとさ。

もののけの森に想う

どでかい縄文杉の臨場感をどうぞ。
DSCF1149.jpg

「縄文杉」
推定樹齢7,200年、樹高30m、幹の直径5m、根廻り43m!
どのくらい幹が太いか、イメージして下さい。
身長170センチの人が、約25~30人で手を繋いだくらい?!
凄い!凄すぎです!「世界一長寿」記録を持つ木。
7200年間も、ここで地球上の歴史を見て来たのですよ。
屋久島へ訪れる人はみな、「この木に呼ばれたから」と
縄文杉に逢いに行くのです。

※通常、樹齢1000年以上の杉を「屋久杉」と呼ぶ。
屋久島には、樹齢2000年、3000年ものから
樹齢1,000年以上の巨大杉が2,000本~6,000本あるそう。
果てしない太古の記憶を持つ森であることがわかります。

DSCF1170.jpg

「ウィルソン株」
米国のウィルソン博士によって世界に知らされ、名づけられました。
樹齢3,000年、根廻り32m、胸高直径4.39m。
古株の中は空洞で広さは10畳ほど。
天井が「ハート型」に見えるので、縁結びの木とも噂あり。
天正5年(1586)、豊臣秀吉の命令により
京都の方向寺建立の為に切ったとされています。

ボンジュ~ル。

夏にダイビングしてきた屋久島。
今度はムッシュ単独で、屋久島連山をグルリと縦走登山し、
無事リターンしてきました。
マドモアゼルは、ムッシュの写真で臨場感を味わってます。
屋久島は島の90%が森で、
世界遺産や国立公園に指定された場所。
一歩中へ踏み込むと、
それは深い深い太古からの森が待っているのです。
今夏、マドモアゼルは森の入り口までは
覗いて来ましたが、それだけでも奥深そうでした。


DSCF1185.jpg

「もののけ姫」にも出て来た場所。その名も「もののけの森」。
緑のコケのジュータンが一面に広がり、美しい場所です。
宮崎駿監督も「もののけ姫」の制作前に、
何度も訪れて、イメージを創ったと言われています。
ここで写真を撮ると、時々「こだま」と呼ばれる
「白い光の玉」が実際に写ることがあるのですが、
ムッシュの写真には写ってませんでした。
夏に民宿で会った子の撮った写真には、バッチリ映ってたよ!

DSCF1115.jpg

3日間かけて屋久島連山を縦走制覇して来たムッシュ。
マドモアゼルは、仕事を理由にお供しませんでしたが、
多分、今のマドちゃんだと、制覇する自信がありません。
普段から足腰鍛えてませんから、午後にはきっと
膝か股関節がギシギシ言い出します。
久住、霧島、大山、大崩山でさえそうでしたから、尚更です。
きっと、感動したよ!の後には
「すんげぇ~キツい!マジで死ぬ!あんな思いは嫌だ」
ネガティブワード、オンパレードが目に浮かびます。
頂上に立つ感動とは、そりゃ素敵だけど・・・途中がねぇ・・・。
の割には、結構その辺の山つきあって登ってたりする私(汗)
その度に、登山とは、まるで人生のようだなぁ・・・と思う。


DSCF1173.jpg

屋久島には、島固有種の屋久鹿・屋久猿が生息しています。
映っていた鹿達は、みな瞳が優しくて、
平和な環境で生きているのがわかります。
山小屋で寝ていると、夜な夜なカヤネズミが訪れて
カサカサ、ツタタタタ・・・と食べ物あさりに
寝袋の周りを徘徊して回るそうです。
動物がいる場所は、マドちゃん大好きです♪

DSCF1184.jpg

昨日、「考え事」していたマドモアゼル。
でも何千年も、何万年も
こうして生き続けている大自然の存在に比べると、
私の悩み等、「鹿の糞」みたいなものだなと思います。
いえ、鹿の糞なら、やがて土へと還り、
自然形成のお役に立つから、まだいいのかもしれません。
人間の野暮な思考は、自らを滅ぼす以外
何の役にも立たないからイカンです。
ああ、相変わらず邪心に振り回されるワタシってばぁ。
バカ、バカ、バカぁぁん(涙)
私こそ、浄化しに行くべきだったのでしょうか。
マドちゃん、自分に負けそうになるので、
これから毎日朝10分、夜10分、ヨガの瞑想する事にしました。
大自然の森の「マイナスイオン」を全身に浴びるイメージしながらね。

DSCF1063.jpg


※屋久島は、行くべくして行く島と言われています。
バリ島みたく、神々(精霊)が住んでいて、
「さぁおいでなさい」と呼ばれるんだそうです。
ムッシュは丁度厄年中なので、神様の森に行って
よい厄落としとなったでしょう。
海には行っても、山の聖地へは踏み込んでない私。
呼ばれてないからだとするならば、
まだ世俗で、しっかり修行して来なさいって
ことなのでしょうね。
「はぁ~い」。渋々・・・。




●屋久杉・世界一のお話
http://www.nipponnosekaiichi.com/nature/plant/32.html

●屋久島観光マップ
http://www3.synapse.ne.jp/yaku/kanko1.htm

●A&Fカントリー(アウトドアーグッズ)
http://www.aandf.co.jp/



隣の男2

11541972_140.jpg

「ぎゅぅぅぅぅぅっっっ!」
に、にゃんこぉ。頑張りすぎです!
おもしろ画像から失敬したにゃんこ。そうとう笑た(爆)




ボンジュゥゥゥルぅぅぅぅ・・・(凹)

ガッカリ、
ガッかりだすよぉぉぉぉぉぅぅぅぅ!
ウワサの謎男、「隣の男」がぁぁぁぁぁ!!!!!
ひ、引っ越しちまったぁぁぁぁぁ!!!!

お~ぅうぅぅぅぅ(涙)
マドモアゼルの市原悦子な日々が
なくなっちまいっちんぐよぉぅぅぅぅ。
結局何者かもわかんないままだよぉぅぅぅぅ。
マドちゃんってば、こう奥ゆかしいフィーメールでないこと?
そなたは何者ぞよ?なんぞ気やすくお伺いできなくってよ。
つまらん!実につまらん!

日曜の午前中。
業者のトラックが来た。
まさかと思ったら・・・そうだった。
「家政婦は見た!」なマドちゃんは
鍵穴から引っ越しの様子を、ジィィィィっと見てたとデス。
持ち出されるちょっとしたものの端々に
男がプチインテリだってことが伺える。

一年も住んでない謎の男。
やはり、税金対策か、仮の宿か、
やっぱり家賃もったいなくてやめたか・・・。
謎は謎のママ、なすがママ、キュウリがパパだ。

あぁぁ、この、枯れ葉散るチルミチル、
お菓子の家へ行く時に、パン屑撒いても、
小鳥さんが食べちゃうから意味ないよ、な今日この頃。
マドちゃんの心は空洞になってしまったとデス。
木枯らしが、ぴゅゅゅゅ~この胸を通り抜けてゆきます。
相原コウジのマンガ「コウジ苑」に出てくる
幸薄そな竹輪女みたいです(涙)
こうして、ワタクシの観察日記も筆を置く今日。
日々の楽しみが一つ灯火を消しましたとさ(ガックし)





(隣の男1)
http://kyon8.blog87.fc2.com/blog-entry-150.html

Lost 7's オーディション

3,6.jpg


ボンジュぅぅぅるぅぅぅ・・・(疲)

今日舞台公演予定「ロストセブン」の
オーディションでした。
学生らは、希望する役のオーディションを受けます。
皆、緊張しぃで思いのほかテンション低く、
ありゃゃゃ?皆さん、どうした?
というカンジだったかな。

DSCF1037.jpg


でもね、オーディションは、
デビュー前もプロダクションのオーディションを
受けなきゃいけないし、
デビューしてからも、ず~っと続くもので
避けては通れません。
映画の役取るため、舞台の役取るため、
ドラマの役とるため、CM出演するため、
TV・ラジオのレギュラーとるため、
あらゆる場面でコレはつきまといます。

緊張とは上手くつき合っていくしかないし、
ここで120%本領発揮できなければ、
欲しいポジションは手に入りません。
どんな有名人でも今だ受けられてます。
オーディションの目的は1つだからです。
「良い作品(売れるもの)を創るために、
それにぴったりハマる人を求めている」
全てはこれにつきます。

3,5.jpg


まだ勉強中で、
右も左も十分にわからないうちから
1人でこういう体験するのは、
ドキドキ以外の何ものでもなく
頭真っ白になるキモチはわかります。
でも、マドちゃんも通ってきた道デス。
17歳の頃~音楽コンテストに出まくってました。
19歳でスカウトされて、
学生の皆と同じ頃には、もう仕事してたけれど、
やっぱりオーディションだらけだった。
皆、経験者だよぉぅ(涙)
辛さ、情けなさ、悔しさ、
自信喪失感は十分に分るとデス。
私たちも今だ戦っているよぉぅ(号泣)
みんなには時間がある、若さがある、パワーがある。
成りたいモノになろうよ!諦めるなぁぁぁ!
ってかマドちゃも20歳、ヤングだぜぃ!
まだ行けるぜい!(←懲りてない)

3,3.jpg


今日は全体に、まだ学生だという
甘さがでちゃってました。
エンターテイメント作品は、お客様のためにあるもの。
自分が面白くてやりたいのだったら、
インディーズでやるほうが
人や世間から酷評されずに好きにできます。
自分がプロ・アマどちらの活動・作品作りを望むか次第。
厳しい言い方して可哀想だけど、
それが現実なのでした。

はぁぁぁ・・・今日は・・・
疲れたよぉぅ・・・マヂで。
幸せな疲労ではありますがね。
私もかっこ良いものつくるため、最後まで頑張るデス!

唐津くんち2

DSCF0832.jpg



唐津くんちへ行きました!

マドモアゼルの好きな五番山の「鯛」!!!
これが動いてる姿見たかったのです♪

やっぱり一番かわいい♪
マドちゃん「赤い鯛フェチ」。


DSCF0837.jpg



子供にー人気なのは、こっち、
2番山の「浦島太郎と亀」なんだって。
でもね、コレ、亀じゃないよ、怪獣。
よくみると怖いもん。


DSCF0864.jpg


ほ~ら、山車がかわいくて楽しそうでしょ!

最後に「砂地」のグランドへ集結する時は
山車が砂にハマって動けなくなるので、
男衆とお囃子が一層パワフルになって
「迫力」が出てきます。
グランド集結も見る価値あります。


DSCF0859.jpg



各山車は、町ごとに所有してるもので、
その町に住む男衆が引くのですが、
ハッピのデザインも色も、各町で違うので、
それ観てても面白い。
男性って、こういう勇ましいカッコをすると
皆さん凛々しくいい男に映りますよね!


DSCF0819.jpg


あ~面白かった♪
お祭りを「生で見る」のは感激ものですね。
地元「博多山笠」もライブが面白いですし、
いつか、青森の「ねぶた」も観て見たいものです。




●山車についても詳しくと、くんちの歴史.
http://www.karatsu-kankou.jp/event1.html

http://www.karatsu-kankou.jp/event5.html

唐津くんち

kunchi_convert_20081104173556.jpg


ボンジュ~ル♪

久しぶりに週末の仕事がOFFだったので、
ちょっくら旅に出て来ました。
佐賀県唐津市までレッツらGOひろみ!
11/2~4までの三日間、
「唐津くんち」が開催されてるのです。

九州でも大きなお祭りの1つ。
マドモアゼル、一度見て見たいと思っていて、
14基の山車が、唐津神社前~町中を練り歩き
町のグラウンドに一同に会する今日を狙って
行ってみたのです。

ほとんどが1800年代の
江戸時代に創られた山車。
明治になって3.4台?出来たそうですが、
それでも100年もの。
文化財になっているので、
普段は、市民会館横の「くんち会館」の
建物内に収められていて、
1年中観覧することができます。
各山車のデザイン、かわいいでしょ。
1トン~4トンくらいあるのです。
男衆が綱で引っ張って、
唐津の城下町を練り歩きます。

DSCF0850.jpg



朝8時。マドちゃん、こういう楽しい時は
「脳死時間」などなんのその!
パキ~ッ!と壮快に起きてます!
この時はまだ男衆達もリラックスして
スタンバイしている状況。
朝早く行くと、人がまばらで
ゆっくり写真が撮れます。
だから早朝から出かけたのでした♪
ここに人がごった返しだすと、
身動きとれなくなります。

8時半~1番山車から順に出発して行きます。

DSCF0814.jpg

唐津の町のシンボル「唐津城」

ここは太閤秀吉の、ゆかりのある城下町なのです。
海の好きな人にとっては、
ジャック・マイヨールがこの町と海の風景を好んで、
しばらく住んでいたことで知られてますね♪

グルメ好きな人ならば、唐津バーガー。
唐津・呼子といえば「イカ料理」。
とても有名です。

風光明媚。穏やかで空の広い町。
海もあって、自然があって、新鮮な食材に恵まれてて
あぁぁぁ・・・プチロハスだ・・・♪
のんびり暮らせそだな~・・・
マドちゃんここに住みたくなりました。

DSCF0817.jpg


山車は、8時半に唐津神社を出発し、
商店街を練り歩き、
12時過ぎに市役所前のグランドに集結します。
何時間かかけて町中を練り歩くので、
山車を引く小さなちびっこなどは
ヘトヘトになっています。

DSCF0822.jpg





●唐津くんち
http://www.karatsu-kankou.jp/event1.html

http://www.karatsu-kankou.jp/event5.html

http://wadaphoto.jp/maturi/karatu1.htm

Double kyoko's date

DSCF0746.jpg


ボンジュ~ル♪

今日はTOKYOからKyokoちゃんがリターンしてたので、
志摩の方面へドライブ。
二見ヶ浦の海を眺めながらランチして
積もる話を沢山しました。

昨年結婚してTokyoへ行ったkyokoちゃんは
その昔マドモアゼルが美術大学の受験予備校で
絵を教えていた頃の教え子。
彼女が高校生の時からの付き合いなので、
ウヘッ!恐ろしい!10年以上経つヂャん!
今やダブルkyokoで仲良しさん。
マドモアゼルにとっても、
身の上話できる大事なお友達なのです。

kyokoちゃんの旦那もマドちゃんの教え子。
2人の結婚式は、マドモアゼルが司会したのでした。
もちろんおふざけなしに真面目にね。
そう、マドちゃんイベント司会や
結婚式の司会もやるのデス。

彼女は美大を卒業してから現在も、
創作活動を頑張っていて、100号サイズなど、
でっかい油絵を描いては展覧会に出品しています。
今年は軽井沢で開かれた展覧会で賞を取り、
祝賀パーチーに行ってました。
今度は個展を考えているそうです。素晴らしい♪
是非とも「絵を描くこと」を続けて頂きたい!
マドモアゼルも、9月以降絵筆を握っていないので
自分の作品、もっと腰据えて創るといんだけど・・・
創作事って、気乗りと気合いがいるもので・・・。
ふすま絵みたいなデッカい絵、描きたいのですけどね・・・
それが描けるとこに住めた暁には、
家の中の壁中、自分の絵で埋め尽くしたいものデス。




マドモアゼルのWEBサイト「ESPRIT」リニューアル!
日替わりエッセイ・リリック、日々更新中.
「indigo5」Music clipアップしました.

http://web.mac.com/esprit.k/iWeb/Site%204/Welcome%20.html

カレンダー
10 | 2007/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

マドモアゼル

Author:マドモアゼル

沖縄の海に珊瑚を植えよう!
プロジェクトに参加しています! ただ今30人の仲間といっしょに 珊瑚の種付け待機中↓ アナタもお友達と一緒に 珊瑚の里親になりませんか? 詳しくは文字をクリックしてね
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。