スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お散歩グルメ

saire.jpg


ご近所に美味しいもののお店があるって
とっても重宝するのです。

「Sailer」
オーストリア人のオーナーが焼く
丁寧でシンプルでとっても美味しいパン屋さん。
いつも焼きたてのパンを求めに
坂道テクテク下っていきます。

プレッツェル生地のハードで細長~いパンに
生ハムとピクルスがサンドされた
シュペッグシュタンゲルは
岩塩粒のパンチが効いていてウマウマ。
甘~いシナモンの香りがする
サックサクのクロワッサンは
深煎りCOFFEと頂くと最高なのです。

帰りは長~い地獄の登り坂が待っているのですけどね。
ふぅ、はぁ、ふぅ、はぁ...
美味しいもの、持ってる、と、
どうして、こんな...にも、
足軽、に、歩け、るの、で、しょ、う、ね.......

バタッ!


pan.jpg



スポンサーサイト

Walk about 2

4229901669.jpg


近所に「カメ池」と名付けたお池があります。
その名の通り、数匹の亀が住んでいるのです。
動物園へ行った帰り道。
餌用のパンを買って、お池に寄ってみました。


お池のカメさんはとっても目が良くて。
いつもなら、水面から潜望鏡みたいに顔出して
人の歩く方へズぅぅぅぅぅっとついて回るのに。
そこが面白かったのに。
今日のカメさんは「甲羅干し」に精を出していて
マドモアゼルのことなんて知らんぷり。
あげたパンにすら目もくれず
何とも「つれないお方」なカメさんなのでした。


109456221.jpg




Today's BOW

3468141638.jpg

散歩圏内に動物園がありまして。
テクテクでかけたのはよいけれど。
シマウマなのに「熊男」って・・・。
熊本生まれだから「熊男」って・・・。

同じ白黒模様でも
マレーバクが好きなマドモアゼルなのでした。


飛行機雲

DSCF2950.jpg

お空に白いチョークの線が走るのは
上空に水蒸気が多いとき。

どこまで続くのかな~
見とれてしまうのだけれど。
期待し過ぎるとよろしくないので
期待しないでいることの方が多くなりました。
何事も。
なるようになってるものなのです。
何事も。

明日は
お空が泣きべそかく日になりそうです。


Down town

michi4.jpg

街を歩きながら思ってました。
どんなに大人になってもね。
手をつなで
歩けるような可愛らしさとか
大好きって
言えるような素直さが
いつまでも持てているといいなと思うのです。
だからねキモチを表現するときは
ウソをつかないようにしているのですよ。




Today's BOW

bow5.jpg

はしゃぎ過ぎデス (汗)


バスに乗る

bas.jpg

普段バスに乗る事がなくて。
散歩の途中で、ひょいっとプチバスハイク。
適当な距離だけ乗車してみたのです。


bas1.jpg

どこへ行くのかな。
小さなボクが1人で乗っていました。
ボクは窓の外を眺めていたけれど
やがてうとうと...夢の中。

ボクよりお先に降りちゃいますね。
小さなボクの小さな冒険が
無事でありますように。


bas2.jpg

Walk about...

kawa8.jpg

カメラ片手に。
半日かけてお散歩してました。
普段歩かない処をテクテクすると。
いろんな発見があります。
近所の樋井川は
住民達による長年の清掃活動のかいあって
ドロ川からとってもキレイな清流へと蘇りました。


kawa5.jpg

少年がパンをあげると
鴨やら鳩やら雀やら白鷺やら、
鯉やらナマズやら亀やら小魚やら・・・
どこからともなく
ワンサカお出ましになりました。
ただの小さな川だと思いきや
なんとも生き物万歳!ポイントだったもので
しばし時間を忘れたマドモアゼルなのでした。
「今度パン持ってこ~よう♪」


kawa7.jpg





Today's BOW!

bow.jpg

「はーやく鯉」も
「お兄さんの顔」も・・・。
いや、別にいいんだけどね・・・。
コレ・・・
鯛焼きぢゃないのかね?????


そのあとマド様貝になる

165901.jpg

ボンジュ~ル。

今日は11時~20時までずぅぅぅぅぅぅぅっと
喋りっぱなしでした。
16時までは「自己プロデュース」の講義です。
残りの4時間は、アホな卒業生達と遭遇。
とっても仲良しだったメンバーなだけに
彼らはマド流「ボケ暴走」に慣れっ子さん。
毎年20歳のマドモアゼルが
リアル20代にツッこまれるのですから~
ああぁ何てワタクシの懐の広さよのぉぅ~。
久々バカタレ三昧で面白かったわ。
ありがとさ~ん(坂田利夫風に読む)

あぁぁ,こうしてね返しの上手い子が
側にいてくんないとね、始終一人ボケ倒しで
ミーはモンゴル高原走り回る野放しのウマかッ!
と、本当にアホになりそな気分なのよねぇ~。
在校生の誰か鍛えようっと。





ご多忙中のため
リリック&エッセイ
しばし休みデス。



Always yearn

Bonjour!


大人になって、お友達が増えるのは楽しい。
毎週、心理学ゼミの講座にて
いろんな方々とご一緒するけれど。
カウンセリングの学習をしに行って
利害関係もなく、上下関係もなく
同じテーマで、あれこれと語り合える
ご縁が広がるというのは
人の心理という知恵を得るのと同じくらい
きっともっと財産になるんだろうな~
と思っているマドモアゼルなのデス。

でもね・・・せっかく習ったこと・・・
次ぎの週には、微妙にしか覚えてなくて・・・。
ニワトリぶりも拍車がかかっとりマス。
周りの皆さんの記憶ぶりに天才!と思っちゃぅ。
そんな私はアホですか?


アホデス!
ギャャャャャャ!!!
(まことちゃんの絶叫風に叫ぶ)





●Lyric today@Esprit inside●

2008.4.21(月)

170603.jpg

「Especially For You」


ボビーパウウェルでも
カイリーミノーグでも
ウィンクでもなく
ワタシから歌いましょう。


4/15以前のリリック




●Essey365@Esprit inside●


「209.いつもね、ずっとね」

 
 私の書く文章が抒情的なのは、音楽をやってきたからで。
これは書き癖。
ポピュラー音楽と呼ばれる歌の歌詞とは、
80%がラブソングだから、当然心情的なものがテーマになる。
過去に自分で書いてきた歌詞も、90%がラブソング。
残りの10%は、応援歌というか・・・頑張れ~みたいな歌。

 私が書きたいものとは、面白い小説もしかりだが。
旅行しながら、その先々で感じたエッセイなんて書けると、
趣味と実益兼ねられて理想的。
その時も、何処何処のピザは美味しいとか、
何処何処の海は、この世のものとは思えない世界だったとか
書くには書くだろうが。
そこで想ったことの方が、メインテーマになってくと思う。

 だから私は何事も、「キモチで感じたい」のかな。
キモチで感じれないものは、興味が湧いていない証拠だし。
人のことも、出来事も、観た事も、聴いた事も、調べた事も。
一度、自分の心のフィルターを通して、どう思うか?を体感する。
サメが泳ぎを辞めると、死んでしまうと言われるように、
書けない時は、感じてるもののストックが切れてる時が多い。
いつも、ずっと「感じて」いないと、もぬけの殻になる私。
想えるものがあるって、それだけで幸せな時なのだ。


4/15以前のエッセイ


Bonno

お昼時。
書くのサボって、
a hot springへレッツらGOヒロミ♪
平日の温泉は~貸し切りでぇ~よかですバァ~い♪
露天でダァァァァァ~。
アゴまで浸かって
お空を見上げダァァァァァぁぁ~。
土左衛門みたく
プゥーカプゥーカしてダァァァァァ~。
平日の温泉は~貸し切りでぇ~よかですバァ~い♪
ベンチに寝転び読書するぅ~。
・・・いつの間にか脳死ぃ~。
メルシーブクゥー
小粋にご挨拶する夢を見たぁ~。
流石はセレブなパリジェンヌゥゥゥ
抜かりがないったらありゃしないぃぃ~♪


ベルサイユ宮殿にお戻りあそばして作業復活。
今日も麗しくお過ごし中のマドモアゼルなのでした。
4/19分更新↓




●Lyric today@Esprit inside●

2008.4.19(土)

160603.jpg

「腑に落しちゃえ」


のど元詰まっていたものを
ゴックン!飲み込んで
もう落としちゃいます。
腑に落とすに限るのです。
納得するってそういうこと。
消化するってそういうこと。


4/15以前のリリック




●Essey365@Esprit inside●


「207.Bonno」

 ボヤボヤ~っとしてられるのも、今のうちかな。
 今、こうもゆっくりと考えられる時間が持てているのは、
私にとって、素晴らしく理想的状況ではあるのだが。
今度は、時間の使い方がとても下手になっている。
明日出来るや!と簡単に放置できること。
それをくり返していると、「お尻が大きくなる!」。
デーン!と居座って、その根の張りようはバンブーどころじゃない。
何をするにも、エンジンかかるのがどんどん遅くなってきたのはイカ~ン。

 一番忙しかった20代終わり頃に、一番欲しかったものとは。
名誉でもお金でも愛でもなく、心の平和。
日々、一喜一憂の大きな波に飲まれ、落ち着いて考えることも
静かに自分を見つめる時間もなかったから、
先の事なんて、イメージする余白もなくて。
とにかく、安心・リラックスできる環境が欲しかった。

 だが。平和とは、人を早期にボ~ヤっとさせるものなのかも。
「半隠居宣言」するには、10年早過ぎたかもしれないと思ってきた。
そろそろはびこった根を絶って、身動き軽くしなきゃと思っていて。
今やりたいこととは、いつも頭を閃かせてなきゃ間に合わないようなことだから。
 人間ってば、欲しかったものを得ると、また違うことを求め出す
我がままな生き物なんだな~。
108つあるという煩悩。私にはそんな沢山はない!と思っていたけど。
段々と、使い切る欲が出てきた今日この頃。
 至福のカタツムリな日々。今のうちに堪能しとこう。


4/15以前のエッセイ

Time after time

不思議な事に。
最近、
随分ご無沙汰していた昔からのお知り合いから
ご連絡頂いたり、お会いすることが続いていて。
ご縁とはいなものと思う昨今。
若い頃、あまりにアホ過ぎた私なものですから
「どうしてんのかな?」と
こうして思い出して頂けるなんてとても光栄です。
有り難く思いながら。
その時々で
人のことは大事にしてないとイカンな~と思う
やっと大人になってきたマドモアゼル。
最近「ごめんなさい」を言う事ばっかり増えてます。
全くもって、脳味噌正座ッ!な春なのでした。





●Lyric today@Esprit inside●

2008.4.16(水)

155501.jpg


「ハナミズキが染みるのは」


歌の本当に伝えたいこととは。
ココロのスペースを埋めるものは
とりあえずの愛想でも
社交辞令でもなく
たった1つのものだと言うこと。

4/15以前のリリック



●Essey365@Esprit inside●


「204.Time after time」


 80年代。マドンナとシンディーローパーが、
ヒットチャートに登場しだしたのは、ほぼ同時期だった。
かたやセクシー路線。かたやコケティッシュ路線。 
 色気の部分では、圧倒的にマドンナがリードしていた。
「染みる音楽」は、シンディーローパーに座布団3000枚!

  名曲「Time after time」は、セカンドシングルだった。 
 恋人(ギタリスト)と旅をする主人公。
世の中も上手く渡って行けない若い2人。
それでも2人で居れれば、
それだけで良かったのに。
傷つけ合い、すれちがい、
やがて離れてしまう物語。

時が過ぎようとも。いつもいつも。
貴方が生きる事に迷ったら、
私がいつでも守ってあげる。
今でもとても大きな想いでいるよというメッセージ。
シンディーが泣きながら走る、
切ないイメージ創りをされていた
ビデオクリップを思い出す。

 以前。「NANA」という少女漫画と映画がヒットしたが。
TIme after timeの世界観と、NANAの世界観には
同じ空気感を感じていた。
私個人も、高校~大学時代と、
バンド活動にドップリハマって過ごしていたから
そのシチュエーションや、けだるさや、
若さ故の葛藤に我が姿を重ねる部分がある。

「TIme after time」を聴くと、記憶という旅に出る。
音楽って凄いな。

Artなホリデー

153902.jpg


日展へレッツらGOヒロミ。
お知り合いの宮本大輔氏の
「書」が入選されているので、
拝見してきました。
情緒溢れる大作で
とても素晴らしい達筆に感激。
マドモアゼルの書道6段なんぞ
崩し字乱筆ハナクソレベルでお恥ずかしい。
どんな世界も、スペシャリストさんを尊敬します。


その他日本画に
「鯨」をモチーフにした
緻密でシックでモダンな作品があって。
そのマチエールの面白さに
カブリつきで観覧しました。


154201.jpg

福岡市美術館のテラスには
サイケなカボチャ・オブジェがあるとデス。
ミュージアムショップにて
I like 横尾忠則氏ポストカードを大量にゲット♪


155503.jpg

美術館脇にはズラリ!
「八重桜」が咲き始めました♪
桜には500種類もあって、この桜は
色んな桜をmixし品種改良された
新種の八重なのデス。
色もピンク・白・黄緑がかったものまで豊富。
甘い甘~い香りがします。
桜フェロモンに興奮中のマドモアゼルなのでした。

155103.jpg





●マドモアゼルのアーティストサイト「ESPRIT」
★日替わりエッセイ・リリック、日々更新中
 Esprit Webサイト 

100年経っても20歳の妖怪

152801.jpg


花散らしの雨の中
九州国立博物館「絵巻物展」
レッツらGOヒロミ。
絵巻物とは、昔の絵本のようなもの。

マドモアゼルのお目当ては
「百鬼夜行図」。
室町時代に描かれた「妖怪絵巻物」。
水木しげる氏が絶賛するのも
うなずける面白さ。
妖怪図といって甘く見てると
これが!デッサン力が高く
緻密でお上手な作品なのデス。

岡野玲子さんのマンガ「陰陽師」
に登場していた妖怪キャラは
この辺りの絵巻物を
ご参考にされてたのがよく分ります。


室町当時。
家財道具は100年経つと
「付喪神」になると言われていて。
付喪神(物の妖怪)達は、夜な夜な
京の町を徘徊してまわるという
お話を描いた百鬼夜行図。

33センチ×7.35メートルの巻物に
60数匹の妖怪が描かれているのだけど。
前足しかない赤い妖怪が好きデス。
お腹のニョロンは腸じゃないよ。シッポだよ。
でも蟻や麒麟の妖怪にいじめられてる
可哀想な子なんデス。


思ってたよりコジンマリな会場でしたが
コレが見れただけで満足した
マドモアゼルなのでした。


17290.jpg
「百鬼夜行図絵巻」真珠庵本より

シナロケ・ロケン'ロール!

postrers.jpg
   「JAPANIC」ポスター

 
結成30周年!博多が生んだ
キング・アンド・クィーン・オブ・ロック
鮎川誠氏とシーナさん夫妻が率いる
SHEENA & THE ROKKETSが
「JAPANIC」をリリースされるとのことで。
ライター豆さんとこのステゥーデント達の
取材&記事もアップされたからご紹介よ。

シーナ&ザ・ロケット取材


鮎川誠氏のパンクなギターの弾き方。
「馬鹿にされんように根性すえて、
へそに力いれて、3分間力いっぱい弾く。
たたきつけるように。
それがパンクのギターの弾き方!」。

かっちょよすぎぃぃぃぃぃ!!!!!
一番シビレたお言葉よ。
じゃ、今度へそに力入れて
3分間力一杯、バカにされんごと
「イパネマの娘」弾く練習してみます!
パンクなボサノバもカッチョよくない?(笑)


Long long time ago・・・
パンクなギャルだったマドモアゼル。
凄いわ。シーナさん。
間もなく還暦とはとても思えないわよ。
「ユーメードリーム」の頃からして
体型もミニスカ具合もお変わりなく
ロケン'ローラーとは、こうでなくちゃ!と
学ばして頂いております。
とはいえ、ワタクシ今やすっかり
おパリなお社交界にお生きるお人。
「シャンソン」ばかりご拝聴なさる(ウソ)
おフランスはおルイ王朝のお妃ぃ~な
お20歳のおパリジェンヌでございますけどね。
一応。
公称。
表向き。
というかマヂで。
と勝手に思っている。
いや思い込んでいる。
周囲から渋々容認されている。
ってか強引におっしゃい!と言う。
それがワタシのユメー♪
ロケン'ロール魂!(ボォォォォォ!!!)

シナロケマニアからすると
邪道と言われるかもだけど。
小粋なパリジャンヌ的に
アルバムは
「チャンネル・グッド」が好きデス!
糸井重里さんやYMOも絡んでるし
何よりポップで
シーナさんのVO具合がSo cuteなのデス!

モチロン、
ニューアルバムもね♪
シーナさんいわく。
「このアルバムで日本はパニックになるわ」
なるとデス!パニクるとデス!
ロケン'ロール!!!!!

脳味噌ゆるむ春

0163701.jpg


はい、ボンジュ~ル♪

桜が咲き咲き咲き乱れな、今日この頃。
毎日行く先々で「桜」を満喫しています。


200804051258000.jpg


「三井グリーンランド」にて。
姪っ子達と、絶叫マシーン乗りまくり。
ま~た三半規管クラクラ
「オェェェ!!!」な週末を送っとりま~す。

ここへ来たら、山頂にある
「スーパーバイキング」に是非お乗り下さい。
係員のおじさんがアナウンスマイクで
ずぅぅぅぅぅっと喋ってくれます。
そのトークがおかしいのなんのって!
洒落のわかる方ならばきっと
ツボに一発くらうことでしょう。
「バイキンGOO~でチャ~ミンGOO~」
「どんだけぇ~いかほどぉ~」

ユル~いトークに織り交ぜられるのデス(爆)

モチロン!おじさんのトーク炸裂に
テンション合わせるに決まってるぢゃないですか!
マドモアゼルご一行様が
搭乗した回のバイキンGOO~は

「ギャャャャ!」
「ギョェェェェェ!!!」
「ウェィィィィ!!」


おじさんのトークに
「奇声」の合いの手入れながら
異常な盛り上がり。
なんともセレブリティー溢れる
「すんばらしい雄叫び」は
遊園地の谷間にこだましましたとさ。

どこへ行っても情動発散。
「大事んGOO~」


200804051419.jpg

音楽好きはジェントルマン

221301.jpg


年末の忘年会以来の
音楽畑メンバーでお食事会。
雑誌ライターの豆さんに
プロドラマーのジェントル伊藤氏も加わって
この春から東京でお仕事する
プロベーシスト・コバケンさんの「送別会」。
皆ほぼ同世代。満開の夜桜なんぞも愛でつつ
今夜のつまみは80年代ロック話。

音楽に対し、アメリカ西海岸派・UK派と
各自、違った好みやこだわりはお持ちでも
流石はプロ。
有意義な情報交換の場を持てるよう
どなたのお話にもしっかり耳を傾ける
「お話の聞き上手」でいらっしゃる。
違う感覚や価値観でも
否定する事もなく「なるほど」と受容してから
「こういうのもありますよね」と
上手に別意見のご提案をされるから
皆さんのお話が「へぇ~」と理解出来るのでした。
大人の会話というか
コトバのキャッチボールのお上手な方々は
その場を気持よく過ごさせてくださる
おもてなし上手さんだな~と思いました。

なかなかスケジュールの合わない
ご多忙なみなさんなのだけど。
多くのお仕事が舞い込む方々とは
「またお会いしたくなる」後味の良さなんだな~と
とっても勉強になるのでした。
楽しかったデス。

ついでに
「福岡市」が「福岡市」になる時
博多市にするか?福岡市にするか?の投票があって
わずか1票差で「福岡市」になったお話や
「ETC」のお得な利用法までご伝授頂き
目から鱗のマドモアゼルなのでした。




●マドモアゼルのアーティストサイト「ESPRIT」
★日替わりエッセイ・リリック、日々更新中
 Esprit Webサイト 


カレンダー
03 | 2008/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
プロフィール

マドモアゼル

Author:マドモアゼル

沖縄の海に珊瑚を植えよう!
プロジェクトに参加しています! ただ今30人の仲間といっしょに 珊瑚の種付け待機中↓ アナタもお友達と一緒に 珊瑚の里親になりませんか? 詳しくは文字をクリックしてね
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。