スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

永遠じゃないからこそ愛しいのです



DSCF5581_convert_20080930005938.jpg


この1週間。
おじいさん気味の靴下王子が、
固形のエサ、ぴょんた君を食べなくなりました。
キャベツとリンゴは気が向いた時、
チョロッと食べるくらいです。

胃に毛玉が詰まったのか?
老化が一気に進んでいるのか?
食が細ってしまいました。
病院の胃を活発にするお薬も
効果が見られません。
抱っこすると軽くなりました。
あれだけ足下うるさくまとわりついて、
お嫁さん!お嫁さん!していたのも、
この半月、ピッタリなくなりました。
元気は元気なんですけどね。


命には限りがあります。
いつからか。
永遠にあるものと思っていたことに、
カウントダウンし始める時期がやって来ます。
例えば、70才を過ぎた両親も、
あと何回、秋の訪れを感じれるのかな?
あと10回あるのかなとか?とか、
思っていたりすると思うのです。
マドちゃん自身でさえも、大病体験して以来、
リアルに考えていたりしますから。

自然の摂理とはいえ。
愛するもの達が、自分より先に
存在を消してしまうのかと思うと、
たまらないキモチになってきます。
特に小動物の老化は、急激に訪れます。
1週間で様子が変わるくらい、
体内時計が早いのです。
確実に老いて行ってるのが分る昨今。
靴下をなでなでしてると、温かくて柔らかくて。
この子がそばに居てくれることの大きさを、
感じずにはいられません。
ウサギがこんなにも人になつくこと、
ウサギが表現豊かな生き物であること
教えてくれたのは、この子ですからね。
家族なんデス。ホントウに。

だからね、いつまでもここにいなやい。
ゆっくりおじいさんになってくらやい。
靴下のお耳に囁いている、マドモアゼルなのでした。


スポンサーサイト

だから好きで居れるのです

DSCF4482_convert_20080928234454.jpg


1週間余り。
ちょっと体調が優れずいたもので、
仕事以外は、力抜きまくりの
休養体制で居たんですけどね。
おかげで世の中の出来事、身の回りのこと、
遊体離脱状態で思案できてました(笑)

最も頭に浮んでたことは。
出来事(ものごと)に対して、
「どう感じるか?」の感じ癖が、
その人となりを形成してるんだな~ってこと。


例えば、
「よろしくない」出来事があったとしましょう。
憤りに感じるか?悲しみに感じるか?で、
口から溢れる「コトバ」が違ってきます。

手のかかる作業をしたとしましょう。
愚痴をこぼすか?なるほどと思えるか?で、
費やした時間の「意味合い」が違ってきます。

自分にいい影響を与えるのが、
どっちかなんて、わかってんですけどね。
感じ癖って、自分の癖の傾向に気がつけば、
変えられるんですけどね。
実際、自分がどうかというと、
気がついていても、
出来事のインパクトに負けて忘れちゃぅ。
なかなかそうはなれずに居て苦笑。


マドモアゼルが、この人好きだな~と思う人は、
特に負の出来事に対して、
「どう感じるか?」の堪え方が、
やっぱりキレイなんですよね。
ある人は、おごらず謙虚に感じている。
ある人は、切なさをいっぱい感じてる。
ある人は、楽しむことにしている。
ある人は、労力や状況や気持をくんでいる。
ある人は、多角的に観察していて、
新たな価値観を生み出している。
だから発せられるコトバやメッセージに、
何かに対する怒りや、憎しみがありません。
キモチの柔らかさがジワァ~っとにじみでてます。
マドモアゼルにとっての『凄い人』って、
こういうところが「キュン」とさせられる、
『染みる感じ方を持つ人』。

夕べの「篤姫」でも、
弱っていた家茂に、
勝海舟が「ピンチはチャンス」的な、
いいこと言いましたものね。
「鎖国状態」の小さな国(日本)に居て、
世界視野でものごとを見ていた人の開明的考えとは、
アッパレ!でした。

コミニュケーションしたくなる人って、
長くおつきあいしていきたい人って、こういう人。
人が人を寄せるも、孤独になってしまうのも、
出来事が良いこと・悪いことになってしまうのも、
「感じ癖」次第なんだな~と思ってた
1週間でしたよ。


結構なお手前で 2

P1050657_convert_20080924234319.jpg

マドモアゼルの華麗なるイタズラ伝説は、
ご健在。週一ペースで、
新たなる伝説が誕生しておりましてよ。


学校にて。
アホの裕樹君という子の「お財布さん」が、
マドモアゼルに、いつもお世話になってるからって、
おこずかい¥3,000差し上げたい!と申しまして。
どうしてもってゆ~もんですからね。
そうですかぁ~なんて、頂戴しましたの。

マドモアゼルってば、セレ部でございましょ?
お礼しなきゃって、
「観葉植物の葉っぱ」にマジックで1000円と書いて、
3枚ばっかしね、お財布さんにお礼致しましてよ。
お財布さん?
「うわーい!ありがとう!またお腹が膨らんだよ♪」
喜んでくれまして、大変よろしゅうございました。
ラッキーの靴には、葉っぱの「茎」と
チロルチョコの包み紙を入れて差しあげました♪
それを見ていた兄やんから、
「小学生みたいなことばっかりしてぇ~」と
突っ込まれましたけどね。
そんな君の筆箱にも、入れときましたからね。
葉っぱのお金♪
しばらくマイブームの予感♪
葉っぱのお金♪


たいそう晴れ晴れしい気分でおりましたら。
アホの裕樹君が
「あ!なんじゃこりゃー!?アレ?千円札が~...
やられたー!マド様やろー!」
おやおや、人聞きの悪い子ちゃんだわねぇ~。
入ってんでしょが、緑の1000円3枚も!

アホの裕樹君が、千円札を回収してまわってる中、
(他の子におこずかいとして振る舞っといた)
マドちゃん、口笛吹きながら、
そのままスタコラさっさと、
ランナウェ~ぃなのでしたとさ。
あ、モチロン、ワタシにグーでゲンコツする
アホ友のアホの裕樹君にしか、
こんなサービスは致しませんので、
皆様、ご安心くださいませね。


今週も、
結構なお手前で。


曼珠沙華の郷

DSCF5530_convert_20080924022259.jpg


朝からの騒音で
変なタイミングで起きますと、
低血圧気味のパリジェンヌには堪えます。
身体は起きてても、脳はしばらく「脳死」状態。
マンガみたく、額にザァァァぁっと縦線垂らして
ドンヨリしてましたら、
さすがムッシュ、マドちゃんの取り扱いには慣れてるのデス。
彼岸花の綺麗なとこ見つけたって、
鳥栖の里山まで連れてってくれました。


DSCF5534_convert_20080924022338.jpg


ココ、白がワサァァァァァっと群生してる、
珍しい場所。いーっぱいズラっと咲いてます。
彼岸花好きマドモアゼル。
あ~今年もこの季節がやってきたな~って、
お散歩しながら、たっぷり愛でましたよ。


DSCF5552_convert_20080924022359.jpg


黄色もワサァァァぁっと群生。
村の方が、球根植えたのでしょうね。


DSCF5555_convert_20080924022601.jpg

バッタも夏の終わりを惜しむように、
いっぱい居ました。
トンポがアゲハ蝶を食べてましてね(驚)
よく考えると、トンボってヤゴの頃から
「肉食」だったわ...などと、
自然界の摂理も垣間みました。


DSCF5566_convert_20080924022614.jpg

ちーっこいどんぐり
コロコロしてましたよ。
日本に群生してるどんぐりって、
約20種類くらいあるみたいで。
これはイチイガシ。帽子がベレー帽みたいでカワユス。
もう少し空気が冷たくなって来たら、
キンモクセイの香漂う、しんみりな季節です♪


DSCF5541_convert_20080924022453.jpg




満ち足りた時間

DSCF5521_convert_20080921010539.jpg


仕事後。
久々、Kanakoちゃんとミートミート。
マドモアゼルの好きな、バリ島の雰囲気タップリの
j cafeにつれてってもらいました。
ガムランとお香の香り漂って...。
いいわココ。まったりするわ~。


Kanakoちゃんは、
近い未来に新天地へ行き、
次ぎのこと始めようとしているところで。
わざわざそのご報告をしてくれましてね。

「やりたいからやるんだ」って
言えるものが持ててること。
「後悔したくないからやる」と言える事。
とってもステキだなと思いました。
羨ましくも思います。
ここ何年か、マドちゃん自身が
「腹くくれずにいるもの」だからです。

ある人が言いました。
後悔は、しなかったことに対して思うもの。
したいことをしたならば、後悔ではなく、
「経験から学べた事」という...と。

kanakoちゃん、きれいだな~と思いました。
希望を持って動き出す人の姿は、美しいのです。
未来へ新しい風を感じてる人は、
経験(経験値)という財産を築いて行ける人。
Kanakoちゃんのこれからの未来が、
ワクワク・ドキドキに溢れ、
沢山の至福で包まれますように。
ココロからそう思います。

嬉しいお話のおかげで、
行動を起こすことのエネルギーと、
満ち足りた時間まで
プレゼントして頂きましたとさ。

どうもありがとう。



DSCF5523_convert_20080921010600.jpg

マレーシアが呼んでいるっ!

DSCF5520_convert_20080920011809.jpg


昨今、マドちゃんが探求中の「潜在意識」。
至高経験&シンクロニシティーの講座を
受けてきまして。
流石に、めちゃくちゃ理解できました!
その感覚ばっかりで過ごせたら、
きっとオーモロー♪


おなかすかしてベルサイユ宮殿へ帰りましたら。
来週から2年間。
マレーシア(マブール島)に
ダイビングガイドとして復活することになった
インストラクター・ヒロタンの
「いってらっしゃい飲み会」に来なさいと
ムッシュから呼び出され、レッツらGOヒロミ。
ヒロタンはムッシュの幼なじみ。
ダイバー仲間でもあります。


「アンタもあっちでカラーコーディネートするとか、
歌って絵描いて働けばいいやん」
「仕事あるなら即効行く!ご飯作り係でもいい!」
春吉のカウンターバーのから揚げ屋さんで、
ガッツリ「から揚げ」に噛み付きながら、
マドちゃん、まんざらじゃなかったとデス。
東南アジア。
機会があるなら、マヂで暮らす気満々!

それにホラ(以前から)
マレーシアってば、
まどちゃんのこれからの人生において、
「ご縁のある場所」と言われてまして。
案の定、何でもなさそなところで、
こんな風にポン!と出てくるでしよ。
これぞシンクロニシティー!
知り合いが住んでるともなると、
より親しみを感じてきます。

ヒロタンが島に居る間に、
マブール、また潜りに行けるといいな~♪
海もいいけど、
次回はもっと、ボルネオの森を探検したいな~。
夢膨らむマドモアゼルなのでしたとさ。





シパダン・ウォーターヴィレッジ・リゾート(マブール島)
日本人ガイドとして、ヒロタンが待ってますよ~♪

●マブール 1  2  3  4  6  7
 


黄昏よぉぅ~

DSCF5511_convert_20080919162828.jpg


昨日。
台風、来るかな~って、
お庭の植木鉢を寄せて、
ベランダもかたずけて、準備万端でいましたら。
なぁ~んてキレイな黄昏よぉぅ~。
台風の「た」の字もありませんでした。

マーケットで、
豆あじ40匹¥200!!!
やっすぅー!
唐揚げ&南蛮漬けにしました。
お腹もまんぷく、黄昏よぉぅ~♪


DSCF5515_convert_20080919162847.jpg

結構なお手前で



P1050633_convert_20080918031621.jpg


マドモアゼルの華麗なる
「原型止めぬ変顔伝説」と
「イタズラ伝説」は数知れず。


授業後。
仲良しの学生達が
舞台のリハーサルしてるとこへ、
チョッピリ遊びに行きまして。
ゲームして遊んでもらってたとデス。

リハーサル始まると、
皆集中しだすもんですからね。
マドちゃん、ジッとしてると、
退屈で死にそになるデスよぅ(涙)

おおぅ♪

そこいらに置かれてた、皆の携帯集めて来て、
コッソリ、一台ずつ、
呪われたような「白目の変顔」写メ撮影。
んでもって、待ち受け画面にセットして
差し上げときましたよ♪
(ウットリ)

休憩時間。
「ワぁぁぁぁぁぁ!!!!」
やられた~な声が上がってましたけど。
スッカリ一仕事終えた気分のマドちゃんは、
口笛吹きつつ、
さっさとランナウェイしましたとさ♪


結構なお手前で

親愛なるRAIN MAN



DSCF5484_convert_20080918005842.jpg


昨日は、仲良しのリョウコさんとミートミート。
面白い話して、講座に行って、
ナイス愛車で、送っていただきました♪うふ。


さて。
マドモアゼルの「脳」への探求は続行中でありまして。
今日は、特殊能力のお話。
こ~れがっ!また夏前から、リョウコさんから伺って、
へぇ~ボタン押してた、ホットな話題なのですよ。
昨日もしてたとこです。


「サヴァン症候群」「LD」「アスペルガー」
「ADHL」と呼ばれる、
自閉症やいろんな発達障害をもつ方々の中に、
あることには、超人的能力を発揮されるという、
「天才」がいらっしゃって。
例えば、ダビンチ、アインシュタイン、モーツアルト。
ウォーホル、山下清氏など、
上記の(いずれかの)疾患がありました。


DSCF5488_convert_20080917001222.jpg


先週、「ベストハウス1.2.3」は面白かったですね~♪
「驚異の脳力!世界のスゴい脳の持ち主BEST3!」
おめめをお皿にして、画面カブリツキ!
脳学者・茂木健一郎先生が、
「キングオブサヴァン」と呼ばれている、
『キム・ピーク』さんに、
会いにいかれてたのですけどね。

キムさんは自閉症でも、
驚異的な「記憶力」を持ってらしゃる天才!
タスティン・ホフマンの名演技ぶりが光る
1988年の名作映画「レインマン」のモデルだった方。
そしてその存在感は、とっても愛らしくて。
手をつないで歩きたくなりました♪


●詳しくはこちら

●その模様が観れます。
「サバァン症候群」You Tube 1 2 3 4 5 6


リョウコさんは(ボランティア)で、
LD障害を持っている子供達が持つ、
特殊能力を見つけて、才能を伸ばす
フリースクールの理事をなさってましてね。
とてもステキな事だなって、大賛同!
マドちゃんも、何かお手伝いさせて頂こうと
思ってるところなのです。

日本ではずっと「障害を持った児童」として、
1くくりの扱いを受けて来て、
「天才児」にも成りうる子供達を発掘し、
育てる土壌がありませんでした。
近年、やっと文部省でも制度が作り出されたくらいで、
まだまだ公共の専門機関(学校)には、
行き届いていません。
専門教育としては、
海外から40年も遅れてるのだそうです。


DSCF5490_convert_20080917001141.jpg


だからね。
長年、生きにくい社会生活を送られて来た
障害をお持ちの成人の方々の中にも、
チャンスさえあったならば、
特別な才能に気がついてくれる人が居て下されば、
びっくりするような能力を発揮し、
その道の世界で、ご活躍が出来たはずの「天才」が、
きっと存在してるはずなのですよ。
何てもったいない!
リョウコさんとお話ししていて、
大きく頷いたマドちゃんです。

そう考えると。
人の中に秘められたパワーや才能って、
何て魅力的なんでしょう!
茂木先生も番組内でおっしゃってました。
「人と違ってる」「変わってる」と思う事は、
「個性」だと思って下さいって。
本当にそう思います。
だってね、愛おしくなるくらいひたむきで、
感動的な奇跡を見せて下さるのですから!
心が温かくならずにはいられない
マドモアゼルなのですよ。


夜風がキモチんよかデス。
リョウコさん、
有意義な時間ありがとうございました♪


DSCF5498_convert_20080917001237.jpg


今度カラオケ行ったら「魅せられて」歌います!

wallpaper02_1024_768_convert_20080827001329.jpg



「パコと魔法の絵本」が、
公開になりましたねぇ~。
当然、初日にレッツらGOヒロミ♪
個人的趣味から申しますと...

ポニョより好きだぞぉぉぉ!!!!


映画のセットも登場人物達も
これでもか!なカンジで、派手だぞぉぉぉぉぉ!!!!
ぜ~んぶが、ガチャガチャポップで
キラキラピュュュュュュン!!!!
細部までこだわられてますぞぉぅ!
でね、最後はやっぱし、涙なくして見れんとデス!
ハンカチ持ってってね。

4年前の、おおもとの舞台公演を観ていた
後藤ひろひと氏ファンとして、
あれだけ脚本の持ち味を大事にされてると
嬉しいぞぉぉぉぉぉぉ!!!!!
しかも映像ならではの、視覚的遊び心満載!
中島監督、ありがとぉぉぉぉぉぉ!!!!
アナタでないと、
あんなにイカレPOPでキュンな映像は創れません!
「嫌われ松子」を遥かに越えるぶっ飛ばし!
いいです!素晴らし過ぎます!


パコちゃん、お目めが可愛いですねぇぇぇ♪
ジジぃの役所広司さん、流石の貫禄!
阿部サダヲさんオイシ過ぎます!
カメラ目線で、話持って行きます!
ピンポンボタン、押しまくりたくなります!
あのキャラ具合やお髭がクルン♪は、
舞台作品時から、このお話を気に入られていたという、
中島監督から、後藤さんへのオマージュでしょうね。
センスあるお2人がタッグが組まれて、
その相乗効果たるもの、100倍デスばぃ!

何より、ド頭シーンの
「ンババイオオオオー!」で爆笑できるアナタは、
後藤マニア検定3級を差し上げましょう!(笑)
後は見ぃ~てのお楽しみ♪


子供から大人まで楽しめる、
実写&CG&アニメの、傑作ファンタジー。
「笑いとキラキラと切なさの玉手箱やぁ~♪」By彦麻呂
(映画を見れば意味が分かる↑)
この秋、マドちゃんの「記憶に残ってくれた」
ヘンテコで優しい人達のお話。
「パコと魔法の絵本」。
どぅぞ、ご覧になって見て見てね♪



ELVIS GOTO!
原作映画公開おめでとうございます!
今度カラオケ行ったら、
ジュディオング歌っときます!
ケロケ~ロ♪



Tango in the night

mac_convert_20080913030034.jpg


1ヶ月くらい前?
FMで「Evreywhere」が流れて。
懐かしぃぃぃぃぃぃ↑↑↑血圧がったマドちゃん。
で、聴いとりましたよ。

ルソーの絵のようなジャケットが印象的だった、
Fleetwood mac/Tango in the night(1987)」。
「Big love」のギターのリフと16ビートのリズムが、
すげぇぇぇ!かっちょいいい!とシビレてから、
もぅ20年経ってるとは...ビックリ!
今聴いても、うひょー!
カッチョよすぎるですば~い!

このアルバムは、アイリッシュな風味があって、
メチャクチャPOP!
メロディーが重視されててPOPなものってのが、
マドちゃんの好む「音楽ツボ」ですからね。
アレンジの良さでも、ナイス1枚!
てか、このアルバム内から、
4曲もシングルカットしてるくらいだから、
コレ、ベスト盤に近いとデスヨ。
「噂」もいいけど、こっちが好きかな。


アルバムリリース時のバンド構成は、
メインボーカル&ソングライターが3人もいて。
まさに全盛期!
スティービー・ニクス
「ちりめん・ビブラート」なんて、
個性的過ぎて、耳にこびりつくとデスよ。
「Little Lies」じゃコーラス担当なのに、
すぐ分るもん。
同じ時代にヒットチューンを持つ
シンディー・ローパーと、
ユーリズミックスのアニー・レノックスと並んで、
好んで聴いてた女性ボーカルですばぃ。

バービーボーイズ時代の杏子さんは、
スティービー・ニクスっぽかったよね。


(ついでに)
秋の夕暮れ時は、こっちば聴くデス↓
キャロル・キングは名曲揃いの
ソングライターですからね。
切なくなるよぉ~ぅ。
このベスト版は不滅の1枚。

時代を越えて「残るもの」って。
残るだけの「完成度」があるからなんだな~。
生涯に1つ。
コレ!という何かが創れるとステキだな~と思う、
20歳の初秋なのでした。

チーン!


DSCF5464_convert_20080910231819.jpg

冬期・色彩検定シーズン到来!

DSCF4444_convert_20080912180420.jpg


「AFT色彩検定」冬期試験(11/9)
受験申し込みが始まってます!
9月1日(月)~9月25日(木)
※インターネット申込期間 ~10月2日(木)

専門学校での、
「マドちゃん's・3級試験対策・色彩学講座」
短期講義もはじまりました。
「絶対出る!」だろうところ中心に、
全テーマ、ダァァァァァぁ!っとやりますよ。

ちなみに色彩検定HPでは、
例えば3級の出題ポイントが、
こーなってますけど・・・。
コレ、テキスト内のコンテンツまんまじゃん!
そうなんです。
「色を使う職業人」として、
これは基礎的常識として、
ご存知であって欲しい「ポイント」が、
各テーマからちょっとずつ出されるとデス。

毎回出題形態は違えども、
お約束ででるとこ、80%決まってま~す。
ソコだけ押さてても、
B判定ギリギリ(80/100点)で
合格できるんじゃないかなぁ~???
と思うマドモアゼル。
甘いかな???


*************************************************************************
出題確率高いとこ!

●光と色
(目のつくりと可視光・スペクトル
色の見えのところは出る!)

●照明・混色
(加法・減法・混色を応用した色彩技術は出る!)

●配色の全種類
(カラーカードの配色サンプルを見て
何配色か?わかるよう理解しておく。出る!)

●インテリアのカラーコーディネーション
(カラーカードを使っての、
 室内を配色する応用問題がよく出る!)

●色の三属性と色立体
マンセル表色系・PCCS・トーン
(理論から特徴までチェック!絶対出る!)

●色名(カラーカードを示して何色か?問われる)

●色の持つ心理・視覚効果
(色の対比と心理・視覚的効果は出る!)

●ファッション概論
(ファッションカラーの考え・業界の仕組み)

ファッションカラーコーディネート
(何配色か?何スタイルか?出やすい。
テキストのファッション写真を要チェック!)

●エクステリア環境色彩の基礎
(テキスト内に出てる図や写真を要チェック!)

*************************************************************************
・・・結局、
ほとんどの範囲だなぁ~・・・。
でも↑このポイントは押さえとくと良いです!


文部科学省後援「AFT色彩検定」

あの頃見てた夢

BGMにCarole King - So Far Away




DSCF5461_convert_20080910194625.jpg


黄昏時。
空に秋の雲が浮かぶようになって、
季節は明らかに変わっているのだな~と
思う今日この頃。


昼間。
仕事を終えて、移動中。
薬院の橋のたもと、信号待ちしていた時。
見覚えのある姿が横切って。
20代の頃の知り合いでした。

声をかける?
しません。
あの頃、語り合っていた
「一緒にいたはずの未来」は、
現実の未来にはありませんでしたから。
「お元気そうで何よりです」そう思うだけで、
振り向く事なく、
真っすぐ前方に進んだのでした。

未来にいる今、
有り難くも、幸せに過ごせてますからね。
これでよかったのですよ。


そこにアナタがいてくれたから



DSCF4446_convert_20080910024454.jpg


マドモアゼルってば、
毎日愉快スイッチ入ってるもので、
何でも「話のネタになるデスねぇ♪」と
面白がってる達ですけどね。

時々、
笑えないことも、そりゃ起こります。
結構長い事、様子見できるんですけどね。
流石に沈黙してられる度を越えてきますと、
茶ぶ台に手をかけそうになるもので。
年に1・2度くらいね。あるとデス。
「マドちゃん、自虐の詩/イサオになるの巻」。

しかし。
タイミングとは、よく出来てましてね。
珍しくひっくり返しそうになってた矢先。
全然別の関係の皆様と、
ぶっちゃけ話する場が持てまして、
ちょっぴり胸の内をこぼしたら。
「よく似た状況があったから、
その気持よ~くわかる!」と
大きく頷いて下さる方がいまして。

そのコメントが嬉しかったとデス!
誰かにキモチを分ってもらえただけで、
一気にモヤモヤがはげ落ちました。
思わず「ありがとうございます!」って
握手しちゃったモン。

マドちゃんには、よく、こういう
「直前(瀬戸際)にお知らせ」して下さる人が
「必要な時」に登場して下さること多くて。
有り難いな~と思うとデス。

マドモアゼルの感じる幸せって。
こんな風に、誰かが居て下さったおかげで
もたらされきたものが、
とっても多いのですよ。



今、まさにちゃぶ台に
手がかかってる勢いのアナタ!

思う存分どうぞ!
※逆にイラつくかもだけど(笑)




マドモアゼル's★Espritコラムサイト



猪木とぷにょ

yo-02_convert_20080908174207.jpg


週末はWorkってましたので、今日はまったり。
「猪木」のリサーチ兼ねてドライブ。
その昔。想像を越える規模のデカさから、
ついに邪馬台国発見かぁ???と騒がれた、
吉野ヶ里遺跡の近くまでレッツらGOヒロミ。

東脊振山脈の中腹にある「山茶花の湯」は、
施設がキレイで、露天がナーイス!
霧島温泉を彷彿とさせるロケーション。


DSCF5447_convert_20080908173639.jpg


地産食材でこさえた御膳をイートイット。
お茶粥バリウマ!ウチでも作ろうっと♪
で、お腹が猪木。
ダァァァぁ~
目前に広がる山々を見ながら、露天で猪木。
ダァァァァァ~
吉野ヶ里の平野を見下ろしながら、
露天で平泳ぎ猪木。
ダァァァァァ~
休憩室の縁側に寝転んで猪木。
ダァァァァァ~
心地良い初秋の風が渡る午後。
あぁ~今日もうっかり長湯でドザエモン。
ベルサイユ宮殿から
1時間圏内で来れる距離ですからね。
今後、ルイ王族御用達「猪木の場」として
ご利用されることと相成りましてよ。


DSCF5451_convert_20080908173711.jpg


道の駅で、石釜で焼いたアップルパイと
初物の「栗」をゲットしましたのでね。
今夜のベルサイユ宮殿のディナーはね、
「栗ごはん&デザート付きの巻♪」

マ~ド、マド、マド、メタボの子♪
パリジェンヌはっ、食い気い~っぱぃ!
プゥ~ニョ、プニョ、プニョ、お腹周り♪
明日からダイエット!毎日言う~♪


チーン!


DSCF5455_convert_20080908210821.jpg




マドモアゼル's★Espritコラムサイト

ちんだら かぬしゃまよ

DSCF5104_convert_20080908002357.jpg


マドモアゼルが唯一歌える「島唄」に、
安里屋ゆんたがありまして。
小学生の頃、地区の盆踊りで躍って以来、
「または~りぬ チンダラ かぬしゃまよぉ~♪」
何歌ってるのか分んない歌詞が印象的で、
覚えちゃってたのです。

先だって潜りに行った渡嘉敷島では、
「島じゅねー」というお盆のお祭りと重なり、
生エイサーを拝見できましてね。
歌われてたのが「安里屋ゆんた」だったもので、
ちょっぴりノスタルジィに浸ったマドちゃんでしたよ。

調べてみたら、牛車で海を渡るシーンが浮ぶ
八重山諸島・竹富島にルーツがあって。
安里屋(あさどや)の「くやま」という
実在した美女のことを歌ったもの。
マドちゃんが知ってる歌詞は、
現代語に作り替えた「新安里屋ゆんた」でした。
へぇ~。

ちなみに「チンダラ」って妙な響について。
ヒヒヒヒヒ(笑)ぢゃないデスよアナタ!
「チンダラかぬしゃまよ~♪」とは
『愛しい貴女よ♪』という意。
つまり、この曲はラブソングなのでした♪
ほぉ~。
いっそう思い入れが深まりぃ~ノ。


と、一昨日から脳内沖縄づいてたところ。
凄いっ、またもやタイムリぃ~ッ!
沖縄在住の幼なじみから、
こ~んな写メが送られてきたデスヨ。
WOW!デンジャーやなぁ~。
沖縄市の某公園内の?看板。
他人に迷惑かける行為どころか
度を越えとるですば~い。
基地があるからかね?
ハワイでさえこんな看板見たことないぞぅ。
みんなでもっと「チンダラ」ってりゃ~
さぞや平和になりますでしょうに。ねぇ。
これからはチンダラですよチンダラ!
しばらくはこの曲が
頭の中でヘビーローテーションされるであろう
マドモアゼルなのでした。



1357.jpg

Contact




ボンジュ~ル。
たまには真面目に。
マドモアゼルの「脳」に対する興味は
相変わらず進行中でありましてね。
記憶や空間学習能力に関わる「海馬」の次は、
意識と潜在意識に注目してました。

潜在意識と言えば、
ユングの「集合無意識」について
かじってた矢先。
先日、ある先生より、
タイムリーなお話を伺いまして。
面白かったのと同時に、
ハっと思い出したことがありましてね。


51Lig3O3zzL_convert_20080903001344.jpg


好きな映画に
ジョディーフォスター主演の
「Contact」(1997年)があります。

科学と宗教、頭脳と心、ヒロインの心の成長、
恋人たちの物語など
さまざまな要素を盛り込んだSF超大作で、
96年に他界した、
(宇宙番組・COSMOSでもおなじみ)
宇宙科学者カール・セーガンの小説を
映画化した作品。

カール・セーガンは、映画にも出て来た
地球外知的生命体の存在を研究している
米国惑星協会 「SETIプロジェクト」
推進リーダーでもありました。
以前話題になってた時、参加を考えたけど。
今回はこの件はちょっとおいといて。
SETI@home


お話は、
地球外知的生命体の存在を研究している
(SETIプロジェクト)天文学者エリーが、
ある夜、未知の電波をキャッチするところ
から始まります。
やがて、すったもんだの末、
宇宙空間移動装置(ポッド)に乗って
夢にまでみた未知なる世界へワープ!
地球外の知的生命体と”接触(コンタクト)”
しちゃうのですけどね。


contact01_convert_20080904200508.jpg


さて本題。

睡眠はレム睡眠(浅い眠り)と、
ノンレム睡眠(深い眠り)とが
約90分おきくらいにくり返されてるというでしょ。
それが、宇宙空間に出ると、
レム睡眠時間の方が長くなるのだそうで。
脳の中、潜在意識のフタが全開してる、
まさにドリームワンダーランド!なわけですよ♪

で、その地球外の知的生命体と接触しちゃうシーン。
ポッド(宇宙空間移動装置)に乗ったエリーは、
宇宙への空間移動と同時に、まさに、
脳が無意識へもトリップしてる状態にあったんじゃん!?
マドモアゼルはハっとしましてね。

めくるめく光のワームホールを抜けて
彼女が辿り着いた場所とは。
少女の頃描いたフロリダの海岸の絵の世界。
キラキラ美しい青い海と白い砂浜。
目印だった3本のヤシの木の方角から、
故人の父テッドが現れます。
エリーの脳にある「記憶」を読み取った知的生命体が
愛する父の姿を借りて
メッセージを伝えてる手段をとったのですけどね。
エリーと知的生命体の
「意思同士がコンタクトしあう」ハイライトシーン!

脳内には、無意識という
頭蓋骨の範囲を超えた、
「無限のロマン」が広がっている最中。
どの時間でも、どの空間・宇宙にさえも、
どんな状態へでも行き来出来る「交信できる状態」。
「無我」の状態であるニンゲンは、
どんな世界を観て来ちゃっても、
なんの不思議でもないなと思ったのです。

それを「夢を見た」って片付けちゃぅことが
きっと多いのでしょうけど。
「本当に見てる」とこ。
私はあっておかしくないと思ったわけです。


contact02_convert_20080903034751_convert_20080904154918.jpg


「潜在意識」のなかみというのが。
各国の人々が見ている夢や、空想を分析すると、
様々な時代の文化や、民族に伝わる神話で
共通した内容が存在しているのだそうで。
人間の無意識の深層には、
個人の経験を越えた、あらゆる時代・人種・
空間(宇宙含む)を越えて繋がっている、
「先天的な構造領域」という、
普遍的なメモリーがあるのではないか?
それがユングの言う「集合無意識」論。

原作者のカール・セーガン博士も
人類の記憶に関して、
こうおっしゃってたそうです。
「地球に生物が誕生して36億年。
人の記憶の中には、全ての生物が経験した
36億年分の記憶が伝えられている」と。
普段、その膨大なデータは、
「潜在意識の倉庫」にしまわれてるから、
すぐに思い出せないだけでね。

彼は「コンタクト」を書きながらも、
UFOの存在には否定的だったのだけど。
インディアンの教えのように、
宇宙は広しといえども、
すべてはひとかたまりにちゃんと繋がってるという
思想はあったのではないでしょか。
映画の中に出てくる細かいコンテンツはリアルだし、
物語風に仕上げてあっても、
まんざらフィクションには感じないのです。


我々の先祖は、大陸を縦横無尽に移動して
世界中に住み着いて行ったのですし、
ホモサピエンス以前の生物だった頃にだって、
もっと太古の微生物や、
宇宙から来て間もないチリだった頃にだって
同じように、地上を往来していたことでしょう。
だから、知的生命体との
コンタクトシーンにもあったように。
海や空や植物や澄んだ空気などが
キラキラ輝く美しい世界を、
「パラダイス=天国」と感じることも、
広い宇宙や、夜空の星に心魅かれることも、
『遠い記憶の起源が繋がってるから』こそ、
時代をも越えて、各民族共通した感覚を持っていて、
「宇宙に行きたい(還りたい)」感覚も
残っているんだろうなって、
純粋に思えてなりません。


「潜在意識」こそブラックホール!
本当はどうなのか?どこまで広がってるのか?
軌跡(記録)&奇跡がいっぱい詰まってると思うと、
ソソラレズにはいられなくなる
マドちゃんなのでした。





日本惑星協会
西はりま天文台公園HP
●日本で唯一の継続SETI「ゆなたOSETI」

特に黄色い人



122443.jpg

アインシュタインの顔真似してる
わけではありません。

専門学校も新学期。
久し振りの顔ぶれに会うと、
思わずお顔がほころぶのデス。
夏の間に、
いろんなドラマがあったみたいだけど
お顔を見るとホッとするのデス。
いいわねぇ~女子って♪

だってワタシ達ってばぁ
「タメ年ぃ~sなんですもぉ~ん♪」
ピッチピチの20歳s♪


前略、細野様。



0809_convert_20080901160058.jpg


SUDIO VOICE9月号は
「細野晴臣の楽しみ方」特集なもので、
YMO好き、細野さん好きマドモアゼルとしては、
当然「ナイス特集♪」とお楽しみ中!
細野さんのかもしだす雰囲気は、
穏やかでゆるめで、知的なとこが良いのです♪

細野さんは「独特な夢を観る人」でも有名。
夢といえば、横尾忠則氏もそうです!
夢日記つけて、作品描かれるくらいですから。
そんな細野さんと横尾さん。
昔からの仲良しさんでらして。
8月マドちゃんが出かけた、
「冒険王」展覧会でも対談されてましたよ。

自分が興味を持ったり、好きになる方って、
その方同士が繋がって行くこと、
すでに繋がってたってことがよくあります。
ステキな類は友を呼ぶ現象って、
端から観ていてもうっとりなのです。


162002.jpg
STUDIO VOICE9月号「対談」より


僕ドザえもん。

DSCF5443_convert_20080831234202.jpg

夏の疲れ(てはいないんだけど)を
猪木しに(ダァァァ~しに)、
ルイ一族御用達「ななの湯」
レッツらgoヒロミ。

マドちゃんいっつもここで
ドザえもん状態になってるんですけどね。
え?ドラえもんぢゃないデス。
プカプカ浮いちゃってる人のことデス!

清流のオケの中。
夏野菜が猪木。
「ダァァァぁ~」
マドちゃん露天で猪木。
「ダァァァァァ~」
お座敷で猪木。
「ダァァァぁ~」
うっかり2時間ばっかし居眠りこいて
やっぱり土左衛門と間違えられる
マドモアゼルなのでしたとさ。


ギャャャャ!!!
9月1日になってるぅぅぅ!!!!
やばいス,マヂで遊び過ぎデス!
今年もあと4ヶ月だよ全員集合ぅぅ(汗)



005603.jpg

靴下王子は90%復活してます。
美味しいもの食べすぎて
お口が肥えちゃってますが
固形のエサ・ぴょんたくんも
渋々食べてくれ出しました。




gooホームプロジェクト
←「沖縄の海に珊瑚を植えよう!」
おかげさまで,どんどん浸透しています!
確認出来ているだで
すでに4本は植えられることが決定してます!
皆様ありがとうううう!!!(涙)

(追加情報!)
携帯からも参加登録できるそうです!
携帯アドレス
http://gw.mobile.goo.ne.jp/gw/sango/mobile/




マドモアゼル's★Espritコラムサイト

カレンダー
08 | 2008/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

マドモアゼル

Author:マドモアゼル

沖縄の海に珊瑚を植えよう!
プロジェクトに参加しています! ただ今30人の仲間といっしょに 珊瑚の種付け待機中↓ アナタもお友達と一緒に 珊瑚の里親になりませんか? 詳しくは文字をクリックしてね
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。