スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まず「想い」ありき

DSCF7972_convert_20090531223745.jpg


ここ数日。
いろんなことおサボりしてました、
ボンジュ~ル


そんな最中。
ロシアやルーマニアに留学し、
海外でも公演されてるという、
あるピアニストさんのリサイタルへおよばれ、
レッツらGOヒロミ。
久々のクラッシックでしたので、
脳死(爆睡)してしまったらごめんなさい
と思いきや。
1曲1曲の合間に、
海外での生活や、公演でのエピソードを、
面白おかしく、時に切なく語りながら、
珍しい演出で演奏されくもんですからね。
お耳も、お目目もパーッチリ
クラッシックに縁遠そうな、
おじさんやお婆ちゃんまでが、
普通に耳を傾け、一緒に笑い、手拍子し
楽しめたのです。

思うに。
世の中、お上手な演奏家は、
山ほどいらっしゃいますけど。
でも、聴かせられて、人を魅了し、
良い時間(楽しめる)を提供できる方、
「行って良かった」と思えるコンサートが
成立する方って、希少だと思うんです。

そのピアニストさんは言いました。
「私は、音楽を通して、聴いて下さる皆さんに、
勇気と、生きていく元気を与えられるよう、
演奏をし続けて行きたいのです」。
確かに、そういう音でした。
敷居の高い雰囲気で、
古典音楽を聴かされてる感がありません。
ピアニストさんご自身の想いと、音が一体化して、
物語を聴いてるかのように、伝わってきました。

表現者とは。
まず、出来上がった作品の完成度や、
演奏力が第一ではありますけど。
最終的に「人が支持するエンターティナー」って、
その人自身の放つコトバや、人生観や、
人柄が、魅力的な人なんじゃないかな。

いいタイミングでした。
誰かのために、何かできる人。
誰かを想って、何かしようとしている人。
そういう人のやってることは、
人の心を動かします。
そういう人の姿は、ステキです。
そういう人に憧れます。
そういう生き方したいなと、
思いなおせましたとさ




ベルサイユ宮殿転居にもとづき、
更新をしばらくお休みしまス。
次回は、新天地からだよ全員集合
それまで、しばしお元気で。
お待っチングまちこ先生


スポンサーサイト

タベントワカラン

DVC00004_convert_20090527232320.jpg


キャサリン特派員から、
VOW画像が届きました。

変わった屋号ですバィ
カタカナ表記されると、ロシア語っぽいデス。
お寿司屋さんなのに、
うなぎだか?精子だか?な絵....
シュールです

こりゃ~食べんと、分からん分からん。
(どっかの明太子屋のCMかっ





うさぎなギフト

DSCF8248_convert_20090527193504.jpg


みなしゃん、おげんきれすか?
ボクですよ。
片玉さんになってから、
すっかり元気になったボクは、
お部屋を走りまわって、
ごはんをモリモリ食べて、
ブリだって、山盛りモリモリしてマスよ。

わ~コレはなにれすか?
尾張のおーじぇんぬお姉ちゃんから、
ボクのおともらちグッズがとどいたよって、
マドモアゼルが見せてくれました。

わぁお!かわいいのデス
ふところ紙って、紙さんらしいです。
おてがみ書いてもいいみたいです。
ヤギさんには、出さないようにしときます。
食べられちゃいますからね。

ボクは、できた男ですからね。
じょうずにお礼がいえますよ。
おーじぇんぬお姉ちゃん、
おともらち、おくってくれて、
どーもありさんが




セレ部は2日後に出るとです

m_convert_20090526231909.jpg
トレイルランの大会でビョーン!なムッシュ


今日は、ものすごお疲れちゃんデス
ボンジュ~ル
何故に?こんなにも疲労感?

おおぅ、そうでした。
日曜日、プチ登山しとったとでしたばぃ。
今頃筋肉痛がでるなんて....
20歳らしからぬ現象ザンす
マドちゃん、運動系、得意なほうなんですけどね。
気合いと、体力はないとデ~ス
ほんの3キロばっかしの山でしたのに、
ヒーヒー、息があがりました~。
毎回、2度とせんぞ!と誓うのに、
ニワトリですから、忘れとるとデス。

仕事柄、トレイルランニングづいてるムッシュは、
ケロっとしたもんです。
もっと険しい峰を、
35キロとか「走る」んですから、
おったまげデス
来年は、奥多摩の24時間耐久レースに出ると、
意気込んどります。

今や、3歩あるくと、何食べたか忘れ、
50メートル走ったら死んでしまう
セレ部のマドちゃんにとっちゃ、
全てがあり得んことなのでした。



物置だよ全員集合

DSCF8243_convert_20090525195933.jpg


おかしいぞなもし、ボンジュ~ル
物さ、どんどん処分してるはずなのに、
アトリエが、どんどん物置化してくるのは、
なしかッ?!
今や、足の踏みどころがなくなっとるとデス。

1/3処分した書籍の棚も、
グチャグチャになっちまった哀しみに(By中原中也)。
結局ブックオフに約900冊売って、
計¥15,000とは、あぁぁ切な過ぎ
もう使っちゃったもんねー。
よし。今度は、CDしこたま売ってみようっと。
いくらになるかな?
ウッシッシ

そうか!
さっさと箱詰しちゃえばいいのだわね。
アイシー




あなたが残したもの

DSCF8238_convert_20090525084125.jpg


ボンジュ~ル

転居準備にあたり、
すっと触ってもなかった、
作業デスクの引き出しの中、
10年ぶりに整理してました。

出てきました。いろんなもの。
すっかり忘れてたような、想い出の写真や、
音沙汰が途絶えてしまった方の年賀状。
多くの手紙。

亡き祖母からの、手紙も出てきました。
そこには、タフで、ファンキーな
人生を送った祖母のために一族で行なった、
米寿祝いへのお礼や、
孫達への心遣いが綴られていて、
最後に「さよなら」とありました。
祖母にしてみれば、〆の言葉だったのでしょうが、
これが最後の手紙だったと思うと、
遺言状みたいで、涙が出ます。

手紙でも、メールでも、そうなんですけどね。
普段、マドモアゼルは、
文末に『さよなら』は書きません。
そこでご縁がプツっと切れちゃう
感じがしちゃうものですからね。
ホントにこれが最後だなって思う場合にしか
書かないでいるのです。
だから、余計にズンときちゃいました。

人の存在感とは、不思議ですね。
記憶の中には、
話し声さえ鮮明に生きづいているのに、
生きて、実際にこれを書いた人が、
今はもう骨となり、この世に居ないのですからね。
その人が直筆で想いを綴ってる手紙というものも、
その人が生きた証として、
とても鮮烈な息づかいを保っているものだなと、
改めて思いました。
大切に人には、残しておくといいです。
直筆の「ありがとう」。


(お墓に)逢いに行こうっと。





あわてない美学

DSCF7970_convert_20090522001511.jpg


マドちゃん、糸井重里氏が毎日書かれる
「今日のダーリン」を、必ず読んでいましてね。

コピーライターという職業柄、
コトバを、単語の単位からデリケートに扱い、
優しくも、キラリと輝くように構成する
作業をされてるから、
マドちゃんが日々考えてることにも、
「そうか!」と開眼させられるとこや、
ピピってくる「コトバ」が、よく見つかるとデス。
今や、マドちゃんにとっての、
「コトバの師」なのであります。

昨日のダーリンも良かったです。
糸井氏が「人生の師」と仰ぎ、
心に留めてきた、思想家・詩人の吉本隆明氏の言葉、
「どんなことでも、10年間毎日続けたら
いっちょまえになる」に合わせて、

アメリカでベストセラーになってる
『天才!』という本に、
「どんな才能や技量も、
1万時間の練習を続ければ本物になる」
1万時間というのは、
一日に2時間から3時間の仕事を、
「10年間、毎日」続けた数字なんですよね。
      ーほぼイトイ新聞より抜粋ー

と書かれてまして。
なるほどな~と思いました。


例えば、「自分にとって、何が適職なんだろう」と
迷ってる人は多いもので。
取り組んでみたけど、違うみたいと思う時。
才能があるなしに関係なく、
それ自体を、何ヶ月か、何年かしかやってなくて
判断してること多くないですか?
過去に、マドちゃんはそうでした。
結果や結論をいそぎ過ぎるの。
「何ものか」になる前に、辞めちゃってるの。

何ごとでも、向き・不向きはあります。
それ以上に、途中でやめたか・続けたかの違いは
大きそうです。
マドちゃんのお友達で、
すばらしい活動されてる方々も、
今やってること、もう10年も20年も
30年も取り組んできてらっしゃって、
今尚、真摯に探求していて、
多分この先も、ずっと変わらないと思います。
だから「この人はスゴい!」と思えるし、
実際、その道のスペシャリストに
なられてるんですよね。
また、これをやろう!と思えた題材を、
若くして見つけられた事は、
しあわせなことかもしれません。

結果を急がされる時代ではありますけど。
結果が出るまでって、
ホントは時間が要るんですよね。
社会と、現象のスピード感の違いの歪みが、
人のココロに、諦めや自己否定を産んでる気がします。
「腰を据える」「じっくり気長に向き合うこと」って、
今、とっても必要なんじゃないかな~って、
飽き性のマドちゃんだからこそ、
思ったのでしたとさ。

今やってること10年やれたら、
確かに、今より何か見けられてる気がします。




要るもの、要らないもの

DSCF8028_convert_20090520231949.jpg


市街に出ちゃうもんですから、
新しい電話番号、決めたとデス。
馴染まんデス。誰んち?な感じです。
自分ちの番号としてフィットするまでに、
かなりかかることでしょう。
でも、今や携帯が
連絡通信手段の100%の役割を担ってますから、
家の電話って、要らんごとなってませんか?
マドちゃんちも、インターネット回線でしか、
必要ないモン。

ブックオフに、本700冊ばっかし売りました。
要るものは、微々たるおこずかいにしかならず、
とほほ...なのでした



インフルお見舞い

DSCF8113_convert_20090518235614.jpg
鷹島のはとに描かれてた、小学生のパンチある壁画。
かっくいー!


大阪・神戸地域の皆さん。
ご無事でしょうか?ボンジュ~ル
突然の騒ぎに、お見舞い申し上げます。
関西には、マドちゃんにとりまして
大切な方々がいらっしゃるので、心配はひとしお。
お見舞いメールせずにはおれんデス。
弟子の岡田先輩情報によると、
今、大阪の街ゆくパーソンズの9割が、
マスクマン状態だそう

西のパリ(フクオカ)への上陸も、
もう時間の問題だと思います。
マドちゃんのお仕事先の教育機関も、
人ごとではありません。
一斉閉鎖、ありうるかもデス。
マドちゃん、インフルエンザ、
今までかかったことないものですからね、
どれほどのものか?わからんとデスけどね。
風邪でも、一週間はキツい思いしますから、
あれ以上かと思うと...嫌だな~
子供やご年配の方ですと、
体感的に、もっと辛く感じることでしょう。

んでもって、さっきマスクを買っとこうと、
深夜までやってるマーケットへ行きましたら....

ない

コンビニ行きましら....

ない

マスクの棚だけが、ポッカリ空いとるとデス!
日曜日にニュースが流れた途端、
品切れ旋風は、
すでに巻き起こっておりました

慌てず騒がず冷静に、
適切な判断が大切ですけどね。
どうぞ、アナタがいつも
健康でありますように



はるかな路

DSCF8162_convert_20090517001522.jpg


Newベルサイユ宮殿は、
たいそう田舎にございますので、
最寄りの駅から、どのくらい遠いか?
テクテクしてみたとデス。

....遠いです
遠足なみです。
チャリンコと原チャリが、大活躍しそうデス。

その分、自然タップリだから良しなのです。
糸島富士も眺められます。
田畑の中、舗装されてない
土のあぜ道が沢山残っていて、
そのうちワンコを飼った暁には、
足の裏に優しい散歩道がもりだくさん。

靴下が一緒にお散歩できたら、
「わ~!すごいの~ん」と、
そこら中の草をハムハムするのでしょうけどね。
お坊っちゃま育ちの彼は、
どこへ行っても、リビングが
ホームグラウンドになっているのでしたとさ。



持たない美学

DSCF8142_convert_20090515195725.jpg


ボンジュ~ル
住処は大事です。
ベルサイユ宮殿の転居にあたり、
「縁起かつぎたい」ですからね。
風水で、どんなもんだか?
調べとる最中だよ全員集合

間取りみてますと、
大家さんの意向なのか?
設計士さんが、意識されたのか?
意図して建てられてるよな感じが、
せんこともなくってデスね。
だとしたら、大変ありがたやぁ~
ここいいなと思えた、
第一印象の鼻は、利いてたカモ。ウフ

  
また、引っ越しって、いい機会でしょ。
いらないもの、捨てまくってま~す。

着るかな~程度の服でしたら、
きっと「もう着ません!」。
読むかな~程度の本でしたら、
きっと「読みません!」。
聴くかな~程度のCD等でしたら、
きっと「聴きません!」。
使うかな~程度の物や食器でしたら、
きっと「使いません!」。
家具も減らして、
持って行くものはすべて、
「いつも使ってるモノ」だけにしようと思います。

例えば、床の間という和の空間が美しいのは、
掛け軸と生け花以外、ほとんど物がなくて、
空間がたっぷり取ってあるからで。
住宅展示場の中や、
インテリア本観て格好良く写るのだって、
「物があまりないから」です。

マドちゃんは、そろそろ
『持たない美学』が染みるお年頃となりました。
だからね、この際、思いきって放物!
放心中!なのですよ。



Ce qui sera, sera

DSCF8066_convert_20090513091023.jpg


気学師・西哲也氏が説くには。

今、どんな仕事をしているかは、
未来に、どんな仕事をするかということ。
今、どんな人と会っているかは、
未来に、どんな人間関係を作るかということ。
今、どんな道を歩んでいるかは、
未来に、どこへ辿り着くことになるかということ。

未来を知りたいならば、今を調べる。
未来を創りたいならば、今を生きる。


いいコトバだな~と思いました。
ある日、ある時、
突然運命が変わるよなことなんて、
稀なお話なわけで。
今は、過去に考えたことや、
行動してきたことの結果。
今に納得できなきゃ、発想の転換、
行動の軌道修正すればよいのですよね。

それは、「死生観」という発想にも繋がっていて。
いつの日か昇天するとき、どう逝きたいか?
そこから逆算して、
今を生きる。人生設計する。
ただそれだけのことなんですけどね。
ニンゲン、凝り固まってる思考の軌道修正ってのが
なかなか上手くはいきません。

今が、フツウだけど幸せじゃんと
思えてるならば、これでいんでしょね。
「これでいいのだ!」
だって、バカボン・マドちゃんなんだもぉぉぉん



スローライフ・デビュー近し

DSCF8075_convert_20090512003206.jpg
しっぽフリフリ、双子の子やぎちゃん


連日、夏日が続いとるとデス。
ボンジュ~ル

ベルサイユ宮殿、転居予定中。
どんなもんかいな?程度のノリで、
田~舎の、ある物件を見に行きましてね。
間取りは兎小屋でも、車が2台以上停められて、
野菜でもお花でも、充分植えれそうなくらい
お庭の広い、綺麗なおウチだったもので、急展開

数キロ圏内に、海も山もあり、
地物の新鮮な野菜や魚を売る物産館、
湯あみどころまでありましたから、
スローフードと癒しにもことかきません。

豊かだ!なんて豊かなんでしょ
思わぬ早さで、慎ましくも、穏やかな、
プチ・ターシャ・テューダ風暮らし、
実現できそになりました

これまでの都会暮らしから、
足がないと移動できない遠いとこに、
引っ込む事にはなるのですけどね。
田舎暮らしに、多少の不便はつきもの。
これを期に、日々、目前に広がる田園風景と、
雷山山系を眺めながら、
念願の『スローライフ』を始める事になりそな、
マドモアゼル一族なのでした。

畑と庭いじりが、趣味になりそデス


DSCF8078_convert_20090512205818.jpg

ガウディーな棚田

DSCF8132_convert_20090510232835.jpg


棚田100選に選ばれてる、
田植えが終わったばかりの
肥前・大浦の棚田」。
中国の黄龍や、
秋吉台・秋芳洞の百枚皿みたいで、
マドちゃん、こういうカタチは、
妙にそそられるとデス。

急斜面を利用して、
暮らしを立てる人々の作り出した光景も、
なかなかアートなのです。
張られた水に空が写って、鏡のようでした。

満月の夜。
写真を撮ってみると、さぞや幻想的で、
美しかろうと思います



ガウディーな海岸

DSCF8109_convert_20090510232547.jpg

どうして、こんな綺麗に
穴があくのかな?

鷹島の海岸では、
波の彫刻家達が創造した
造形美が楽しめます。
曲線的面白さは、
まるで、スペインが産んだ建築の巨匠、
アントニ・ガウディのデザインのようです。


DSCF8105_convert_20090511091838.jpg


よせては返し、よせては返し、
途方もなく長い時をかけて、
出来上がってきた姿。
そして、まだまだ変化して行く姿。

例えば、「こうなりたい!」と、
理想を思う時。

始めることだよ。
そして、一年かかろうと、生涯に渡ろうと、
ただひたむきにやり続けることだよ。
止めなきゃ、いつかカタチになってくるからね。

自然は、ものを言わずとも、
教えてくれてるのでした。


DSCF8108_convert_20090511091852.jpg


これでいいのだ。

DSCF8093_convert_20090510232534.jpg


観測史上初の、日中30度っ
夏の陽気だよ、ボンジュ~ル
そんな中、鷹島肥前大橋が開通した鷹島まで、
釣り場偵察へ、レッツらGOヒロミ。


DSCF8117_convert_20090510232557.jpg


港にて。
試しに、ひょいと餌木ングしてみましたらね。
ウヒョヒョー!
あっと言う間に、コウイカ君が釣れりんグ
何事も、期待せずに、欲出さずにいますと、
思わぬラッキーしちゃうものですね。
収穫は1パイでしたけど、
「これでいいのだ」。

しかし、バカボンのパパってば、
41歳にゃ~見えないのだぁ~
鼻毛伸ばし過ぎな~のだ


DSCF8116_convert_20090510232945.jpg


住まいに無茶はすまい

DSCF8067_convert_20090508003555.jpg


ボンジュ~ル

マド一族、お引っ越しを検討中。
一昨日から、住宅情報見まくり。
ご近所には、実家のウインザー城があるし、
このままNOローンで居たいものですから、
相変わらず、買う予定はないんですけどね。

とはいえ、せっかく引っ越すのですから。
近所に自然があって、よりお安くて、
古民家くらい、古くてもいいから、
こ綺麗にしてある一戸建てで、
駐車場付きで、ペットが飼えるとこ。
ちょっとお花植えれそうな庭もあったりして。
家庭菜園できれば、もっと最高!
絵本作家、ターシャ・テューダさんのような
自然と動物と創作で暮らすライフスタイル。
やりたいんだけどな~。
現実には、そういう場所、物件探すの
むずかしいですがな


DSCF8061_convert_20090508084224.jpg


昨日、仕事行く前に、
すでに2軒見て来たんですけど。
シケとったデス(※イケテないという意)
外観観た途端、中に入った途端、「違う」。

建物の印象って、大事でですね。
どんなに新築でも、いい物件と言われても。
実際中に入ってみたときの雰囲気が、
なんとなーくでも、一カ所でも、ピンとこない物件は、
絶対パスするに限ります。
肌に合わないとこ住みますと、
落ち着かなくて、長く住みません。
自分のテンションや調子が、いまいちになったり、
下手すりゃ、家から足が遠のくようになったりもします。

占いなどの話ではなくって。
お洋服に、似合う、似合わない。
人に、合う、合わないがあるように。
建物や土地との相性も、あるとですよ。
自然な生理現象です。
人間の勘だって、ちゃんと察知してるんですよ。
長らく引っ越し貧乏で培った、
しょうもないとこだけ、実体験豊富な
マドちゃんなものですからね。マヂとデス。

本来、物件見るのってば、
好きなんですけど。
今回、何だかとっても、面倒臭そ~ございます。
なかなかひらめくおウチ、見当たらない。
そういう時は、きっと時期ぢゃないんですよね。
無茶はすまい。
と、ブチブチ言いながら。
楽しく、慎ましく、気持よく暮らせそうな住処を、
ボチボチ探そ~と思ってる、とこなのでした。





子メ~と森林浴

DSCF8032_convert_20090506162222.jpg


黄金週間ラストだ、ボンジュ~ル。
ご近所の牧場に、
子羊さんが産まれてるというので、
レッツらgoヒロミ。


DSCF8041_convert_20090506163619.jpg

ひゃひゃひゃ~
ウールマークっ子が、いっぱいいるデスね~。
フカフカで、カワユスねぇ~
お母さん、虎刈りにされて
ヤギみたいになっとるデスね~。
マドちゃん、子羊さんやら、子やぎさんやら、
飼いたいくらい大好きですよ。


DSCF8051_convert_20090506162139.jpg


そのあと、森の芝生でおべんと食べて、
そのまま爆睡グースカpi。
動物と森林浴と。
まったり過した、ホリデーなのでした。


DSCF8056_convert_20090506162151.jpg

子供の日の子供は白目です。

DSCF8014_convert_20090506005203.jpg


子供の日は、夕方から、
アメリカ人ご夫妻んちへ、レッツらGOヒロミ。
ユキジェンヌのお誕生会兼ねての、
BBQ大会なのでした。


DSCF7990_convert_20090506005139.jpg

ふくやは、「百旬館」にて
食材も扱ってますからね。
ご夫妻んちへ伺うと、
美味しいものには、ことかきません。

ステーキなステーキや、
うなぎまで、焼き焼き焼肉ぅ~
とーってもボ~ノ

DSCF8017_convert_20090506005214.jpg

はーい!
今日もやっぱり食べてるよー!
肉も別腹だよー!
すっかりホワグラ・マドちゃんだよー!

DSCF8019_convert_20090506005225.jpg

ユキジェンヌ、
お誕生日おめでとー

DSCF7996_convert_20090506005151.jpg

世界で一番大事なものは「家族」という、
いたいけなボクちゃんは、
テンション上がり過ぎて、白目です。
まぶたに「少女漫画目」描こうかしら。

DSCF8027_convert_20090506005253.jpg

ふくやの主は、
電池が切れて、花目です
まぶたに「ゴルゴ目」描こうかしら。

DSCF8025_convert_20090506005238.jpg

洋酒会社の主も、疲れ過ぎて
花目&耳からボぉーッデス。
おでこに「肉」描こうかしら。

子供の日。
子供に還ったように皆さんで集って、
大変面白~ございました。
おごちそうサマンサタバサ




Copernicus

Basia/Copernicus

ポーランド出身のバーシアは、
マットビアンコ時代から
好きなヴォーカルでした。
伸びやかで、ハリのある声がいいのです。
軽快なサンバのリズムが心地良いコペルニクスは、
まさに世界旅行をしているよな
解放された気分になれます。
ガットギターのソロもカッチョ良くって、
思い立ったように、聴きたくなる曲です。



DSCF7926_convert_20090505011934.jpg


明日から、仕事じゃん!
...ん?
まだ、あと1日休みが残ってた。ラッキー
脳味噌、完全Offにしちゃってますと、
今日が何日で、何曜日か?昼か夜か?
ど~でもよくなってるぞなもし、
ボンジュ~ル

今日も、遅起きさせて頂いてましてね
な~んて幸せなんざんしょ。
脳死からの覚醒が遅いマドちゃんは、
コーヒーでも飲もうと、キッチンに立ちましたら。
その途端、ふと、脳裏に降りてきました。


DSCF7944_convert_20090505105230.jpg


善い事、悪い事。
ついてる、ついてない。
幸せ、不幸せというものは、
誰にでも同じ分量が、平等に用意されていて。
ある人だけが特別ってこと、
ないんじゃないのかな?ってね。
そう感じる境目や、分量を決めてるのは、
運命でも、神様でもなくて、
自分自身の「感じ方」の仕業なの。

ある出来事が続いたとき。
どうして自分ばかり、悪い事が続くんだろ?
ちっとも善い事なんてありませんと思う人。
逆に、フツウじゃんと思う人、
なんてラッキー!と感じてる人もいます。
その違いとは。
その人がどう感じたか?だけですものね。

マーシー・シャイモフ氏は言いました。
「幸せが、外からもたらされる事を待っているうちは、
いつまでも幸せにはなれません」
「幸せとは。遠くにある何かが達成されたときに
生まれるというものではなくて、
今という瞬間の中にあるものですよ」とね。

Feel so goodもFeel so haapyも、
自分のキモチの舵取り次第じゃ~ん
起きぬけに、ワケもなく思った、
マドモアゼルなのでした。

今日もいい日なのです。
布団干そうっと。




シャマセー!



DSCF7985_convert_20090504145938.jpg


毎年、博多どんたくの時は、
雨になるってジンクス。
今年もそうだよ全員集合
レイニーディだよニーハオハオ
マドモアゼル一族は、しゃもじを持って躍らずに、
(まだ)箸もって食べ歩いとりま~す

「シャマセー!」
「シャマセー!」
※いらっしゃいませ

威勢のいいカタコト日本語のお迎えと
中国語が飛び交う店内。
今日のランチは『餃子の李』で、
餃子ってました。


DSCF7979_convert_20090504145836.jpg

「こ、これは肉まんか?
李の餃子は、グーくらいあって、
デカイとデス!

例えば2人で行ったとき。
2人数分2皿なんぞ頼みましたら、
あまりの大きさ&量でおおごとします!
まずは1皿を注文し、お腹具合をみて
追加するか否か考えるべし。

皮は柔らかく、具はあっさりジューシー。
大きいのに、まるで小龍包のような美味しさデス。


DSCF7974_convert_20090504150025.jpg


香辛料の効いた担々麺と
レタスチャーハンも頂いて、
まーたお腹まんぷくりんの
ベルサイユ一族なのでした。

「シャマセー
※幸せー


DSCF7983_convert_20090504152839.jpg


円珍詣で



DSCF7962_convert_20090503235317.jpg


ふくやのアメリカ人氏から、
偶然にも、観たいと思っていた、
三井寺展」のご招待券を頂きましてね。
ありがとうございます。
ランチの後、福岡市博物館まで足を伸ばして
拝見してきました。

三井寺は、滋賀県大津市にあって、
天台寺門宗の総本山。
平安時代、第五代天台座主・
智証大師円珍和尚によって、
天台別院として中興され、
その教法を今日まで伝えてきてるんですけどね。

円珍和尚さんが個性的なのは、
気質だけではなく、
見た目にも大変特徴のある方でした。
頭のてっぺんが尖っていて、
まるで卵のような輪郭したお顔。
仏像、掛け軸を観ていても、
円珍さんとすぐに分かりますからね。

ちなみにマドちゃんの頭は、
触ると柔いです。頭皮がプニョです。
子供だからプニュなのかと思ってましたけど、
大人になってもプニョでした。
だから髪の毛伸びるの早いとデス。
気がつきゃ、ゾロリと御菊人形。
スケベだから早いのではありませんよ。
柔いから!早いのですからね!

え?はい、はい。円珍さんですね。
中国の天台山にて修行中。
高僧から、「霊骸に気をつけよ」と言われます。
尖り頭(霊骸)を持つ者は、
霊力が鋭いとの言い伝えにより、
悪い輩が、その頭蓋骨を欲しがるから、
その身を案じての忠告だったらしいのです。
事実。円珍さんは、霊感が強く、
夢枕に立つ、中国人の老翁(新羅明神)からの
「お告げ」を授かっては、
三井寺中興に役立てていたといわれてます。
そもそも密教とは。
人と宇宙と思想を一体化させることを、
追求してるものだそうですから、
直感的能力に秀でてらした?円珍さんは、
適任だったのでしょうね。

また1つ。
知らなかった世界を味わえて、
おもしろーございましたとさ。



イタ飯ってば別腹なのよね

DSCF7946_convert_20090503235413.jpg


ボンジョルノ

今年の黄金週間は、
遠出をする予定がなくってですね。
ここ数日。「食べる」ということに、
プチブーム中のマド一族。

目が覚めて。
夕べの食い倒れで、
ちょっとモタれ気味?と思ってたら、
ランチ(お安くてお得だから)に行こう!
イタリアーンagain。
桜坂の「Crocetta」へレッツらGOヒロミ。


DSCF7949_convert_20090504035411.jpg

Aコース(¥1500)の前菜。
温かいベーコンのキッシュ。
ソテー茄子のトマトソース。生ハムサラダ。
1品1品が丁寧に調理されていて、美味しい!


DSCF7953_convert_20090504035436.jpg

アンチョビとアスパラのホワイトソース。
平麺パスタ。
アンチョビの塩気と、ガーリックがほど良く利いた
ホワイトソースがボ~ノ!

ぺろりといけちゃぅ。
トマト・ベーコン・ズッキーニのパスタ。

DSCF7951_convert_20090504035425.jpg

DSCF7954_convert_20090504035449.jpg

コース(お魚料理)
ほうぼうとアサリのソテー。
海鮮のソースが激ウマ!
2日続けてほうぼう食べとるデス。
でも、白身で上品だからよいのデス。


DSCF7957_convert_20090504035501.jpg

コース(肉料理)
和牛のマスタードソース。
柔らかいお肉に、
マスタードとバルサミコソースが
ナイスまっちんGoo
ホワイトソースで絡めてある、
ポテトソテーが、かなりヤムヤム!

あーお腹いっぱい。幸せデス。
こっそり隠れ家的で、
丁寧なお料理づくしの、良いお店でした



天神はしご

DSCF7945_convert_20090503011925.jpg


待ちに待った、
ダラダラできる黄金週間突入!
はい。さっそく溶けたチーズみたくダラァァァ...
ダメな人になってますマドちゃんデス。
ムッシュはイカ釣りに行きましたけど、
強風でボウズ。
うさはらしに「今夜は食いはしごするぞ!」と、
夜な夜よな天神へ、レッツらGOヒロミ。

大名のこじんまりしたBARで前菜をつつき、
音楽Bar「Carmine」でちょっと一息。
ラリーグラスのU氏を呼び出して、
イタ飯や「Il Sal levanta」で
イタリア人シェフを唸らしたという
ピツァをイートイット。
ちょっちイクスペンシヴですけどね。
その分ボリュームがありますからね、
数人で分けるとヨかデ~ス


DSCF7933_convert_20090503011827.jpg

定番、マルゲリータ¥1890。
1枚がデカイとです。
生地が飽きない旨さでナイスです!

DSCF7929_convert_20090503011815.jpg

フリット盛り合わせ¥1575。
塩気がGooデス!
ジャガイモのフリットが、ウマウマでした。

DSCF7938_convert_20090503011849.jpg

サレルノ産水牛のモッツァレラチーズづくしの
ピッツァ¥1995。
もったりもせず、激ウマです!

DSCF7935_convert_20090503011838.jpg

大きなホウボウが丸1匹入ってた、
ボリュームいっぱい!
魚介のリングイネ(パスタ)¥1890。
イカの輪切りかと思ったら、
でっかーいパスタでした。
魚介の味が出てるソースがウマウマでした。


んんん~ん♪
食べ尽くしました~ん。
ウマウマでございました~ん。

その後、お口直しにCoffeを飲みに行き、
4軒はしごしたね~なんて言いながら、
マンプクちゃんでお家に帰りましたらね。
清志郎さんの訃報を知り、
「.....」となってしまった、
黄金週間1日目のマドモアゼルなのでした。




さらば青春の光

futta0143m_convert_20090503004651.jpg


黄金週間ボンジュ~ル

どうして、ずっといて欲しい人から、
さよならしていくんでしょうね。
まだ現実として、受け止めきれない
マドちゃんがいます。

芸術系の高校に通ってた頃。
授業は、美大のようなカリキュラムになっていて、
午後からの授業は、全~部実技。
先生は、時々アドバイスしに見回るくらいで、
アトリエ教室での制作は、学生の自主性に
任されてるようなところがありました。
絵を描く気になれない時などは、
校舎の屋上へ上って、
眼下に広がる街を眺めたり、
空を見上げたりしてたんですけどね。

授業をサボってる感じの
シチュエーションが似てたのと、
ちょうどバンド活動をし始めて、
浴びるように音楽を聴きまくっていた頃でもあり、
よく口ずさんでましたよ、
RCサクセションの「トランジスタ・ラジオ」。


Un~授業をサボって、イェイ
陽の当たる場所にいたんだよ
寝転んでたのさ屋上で、
タバコのけむり、とても青くて
内ポケットにいつも、トランジスタ・ラジオ♪

彼女、教科書ひろげてるとき
Hotなナンバー空に溶けてった
Ahこんなキモチ、上手く言えたことがない
ナイ、アイ、アイ.....♪

ベイエリアから、リバプールから
このアンテナがキャッチしたナンバー
彼女、教科書、ひろげてるとき
Hotなメッセージ、空に溶けてった.....



さっき訃報を知り、愕然としてます。
こんなに早く、逝ってしまうなんて。
「早すぎるぜベイベー!」。
もう、マドちゃんのアンテナが、
アナタのナンバーやブルース魂を、
ライブでキャッチすることは、
できなくなっちゃったのですね。
でも、アナタのポップでやんちゃなR&Bは、
マドちゃんのやんちゃな青春の想い出とともに、
ずっとこの胸に、輝き続けると思います。

忌野清志郎さん。
ロックの神様が、ホントウに神様になった日。
心からご冥福をお祈りします。
さよならのかわりに、
今夜は、あの頃口ずさんでた曲を歌うことにします。

夢を忘れずに。



カレンダー
04 | 2009/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

マドモアゼル

Author:マドモアゼル

沖縄の海に珊瑚を植えよう!
プロジェクトに参加しています! ただ今30人の仲間といっしょに 珊瑚の種付け待機中↓ アナタもお友達と一緒に 珊瑚の里親になりませんか? 詳しくは文字をクリックしてね
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。