スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

彼岸花咲いて(筆休め)

$ESPRIT-3


自然はえらいのです。
おかしな天候が続こうとも、
その時期が来たら、
その時期の花が咲きます。

マドモアゼルの中では、
いつまでも夏が終わっていない
気分でいたのですけれど。
気がつくと、彼岸花が満開。
キンモクセイの香りも漂ってきて、
確実に秋になっているんですよね。

えらいな~。自然は。

講義の合間にあれこれとやることが入っていて、
なんだか慌ただしい最中ですが、
来週末までは、毎日自分を褒めちぎりちぎり、
ノンストップでつっ走りま~す!

スポンサーサイト

Brooklin Museum3

ESPRIT-3


ブルックリンミュージアムのナイスなところは、
収蔵している美術品の保管倉庫室まで、
立ち入りがOKになっているところ!
きちんと防犯警備上のガードがされた上で、
『美術品を研究をしている人のため』に、
観覧できるように保管方法が工夫されているのです。

その整理の仕方は美しく、
西洋絵画ならば、西洋絵画専用の棚。
ティファニーのコレクションであれば、
ティファニー専用の棚と、
とてもわかりやすく整頓されています。


$ESPRIT-3


最近、マドモアゼルは『椅子』に興味があって、
家具屋さんに立ち寄っては、椅子ばかり観ています。
先日など、I.F.Q.dにて、丸みがあってかわいい
1960年代のデンマーク製
1掛けアンティークチェアーを見つけてうっとり。
しかし、これがゼロ5桁ッ!

「OhーNoー!イクスペンシヴ!」

背中側が裸の”貧ぼっちゃま”マドちゃん。
指をくわえて帰ってきました。

ブルックリンミュージアムの収蔵庫にも、
コルビュジエやイームズ、ミース、パントンといった、
デザイナー’sチェアーのコレクション棚がありました。
んん~ん、目の保養温泉


★毎月第一土曜日午後5時~は、
美術館入場料、映画、キュレーターガイドなど
無料になります。
時にはDJを招いてのクラブパーティーも
開催されています!




グランドセントラル駅」につづく




Brooklin Museum2

$ESPRIT-3


ブルックリンミュージアム4Fでは、
ジュディ・シカゴ『The Dinner Party』
エキシビジョンが観られます。


$ESPRIT-3

1枚1枚違うデザインが施されている
陶器のプレートが、
三角形のテーブルにセッティングされていて、
間近で鑑賞できます。

$ESPRIT-3


植物のように美しくもあり、
なまめかしさもあるディッシュプレート。

お出かけの際は、
あなたのお好みのお皿を探してみては?


$ESPRIT-3



その3」につづく


Brooklin Museum

$ESPRIT-3


ブルックリンミュージアム
レッツらGOヒロミ。

ボザール風建築のブルックリンミュージアムは、
メトロポリタンに次ぐ規模を誇る美術館で、
エジプト美術と浮世絵のコレクションが
充実しています。
2008年には、かつてより、
アカデミックな伝統芸術の中に
アニメのテイストを取り入れることで、
独自の世界観を確立してきた
村上隆氏の展覧会が行われ、
大きな話題を呼びました。
(去年はベルサイユ宮殿で展覧会でしたね)


ESPRIT-3
ドレープのグラデーションがきれいです。


2011年春~2012年1月15日までは、
Situ Studioによる
reOrder:An Architectural Environment
特別展が行われていて、
展示室の天井にまでいっぱいにふくらむ、
白い巨大キノコのようなシーツオブジェは迫力。
下から見上げる人がコロボックルのようです。


$ESPRIT-3


ナイスタイミング!
生ロックウェルを拝めるなんてラッキー!
アメリカの生んだ庶民派具象画家
(イラストレーター)
『ノーマン・ロックウェル展』も
開催中でした。

マドモアゼルは、アメリカの具象画家で、
このロックウェルワイエスが好きです。
とにかくすばらしいデッサン力!

長い間Saturday Evening Post誌の
表紙を描いて来たロックウェル。
撮った写真から絵を描きおこす手法で、
リアルな作品を生み出しました。
そこには古き良きアメリカの日常と、
表情の豊かな人物達で溢れています。



その2」につづく



ブルックリンブリッジの向こう側

$ESPRIT-3


イーストリバーの岸辺から眺める、
ブルックリンブリッジはきれいです。

1883年完成の貫禄ある老橋と、
近代的摩天楼とのコントラスト。
これぞ、ニューヨークっぽい景観。


$ESPRIT-3

マンハッタンの摩天楼を、
東側から一望できます。

$ESPRIT-3


ブルックリン・ミュージアム」につづく






結婚式を控えたお2人が、
前撮り写真を撮影していました。
あちらの結婚式ではダンスを踊るそうで、
慣れたステップで踊りながら、
ステキなショットをおさめていました。

お二人の未来に幸あれキラキラ


DAMBO

$ESPRIT-3
橋のたもとにある、
ユダヤ移民のオブジェ

出勤前のおともらちと連れ立って、
早朝のさわやかな光の中、
プルックリンブリッジを渡ること約30分。
ブルックリンのダンボ地区に到着。

DANBOとは、Down Under
the Manhattan Bridge Overpass
(マンハッタン橋のたもとの略。
かつては倉庫街だったエリアには、
現在、高級マンションや
個性的なショップが進出し、
アーティスト達も、
家賃が高騰するマンハッタンから
こちらへ移り住んできています。


$ESPRIT-3


19世紀から20世紀当初に建てられた
レンガ造りの建物を横目に、
橋の下からイーストリバーサイドへと向かう途中。

おぉ、これはっ!
数日前SOHOでみかけた
ちゃりんこセーター君ブラザー!
このあみあみ具合からして...
持ち主は仲間としか思えません!


$ESPRIT-3

ちょっとしたところの落書きが、
なんともアート。

$ESPRIT-3


長い行列は覚悟といわれているほど人気の、
レンガ窯の炭焼きピザ
グリマルディーズ・ピザ』。
「一番乗りならば楽勝で食べれるでしょう!」と、
意気込んではいたけれど、まだ9時半!
オープンまで2時間あります。
ブルックリンミュージアムにも行きたいので、
待てません。

「ナイスチュ~ミーチュ~」
ごあいさつだけしておきました。



ブルックリン・ブリッジの向こう側」につづく



ブルックリンブリッジのイカす渡り方

$ESPRIT-3


みなさま、ご機嫌うるわしゅう、
ボンジュ~ルパー
『ブルックリンブリッジを歩いて渡ろう』
推進委員会会長のマドモアゼルで~ございます!

ニューヨークへお出かけなさいます際は、
マンハッタンとブルックリンを結ぶ
ブルックリンブリッジを、
そのおみ脚でお渡りあそばしますこと、
強く、お勧めしましてよ!
マンハッタンの横顔が満喫できて、
あ~ら楽しや!あ~らステキや!

かのレディー・ガガ様も、
GoogleのCMでこの橋をダンシン!しながら
渡っていたじゃ~あ~りませんか!

そんなガガ様のBorn This Wayにノッて、
マドモアゼルによります
『ブルックリンブリッジのイカす渡り方』
お手本をば1つ。


ESPRIT-3

Listin up,little monsters!

リズミカルにウォーキング♪

$ESPRIT-3

You are all beautiful.

イエーイ♪

$ESPRIT-3

You're all superstars.

ぃやっほぉーう!

$ESPRIT-3

You inspire me!
PAWS UP!

イエーイ♪

$ESPRIT-3

Unleash your inner monster!

ひャッホー!

$ESPRIT-3
向こう岸はダンボ!

Stay strong, little monsters!

キラキラYeah~ッキラキラ


DAMBO」につづく



チェルシーマーケット

$ESPRIT-3

18世紀~19世紀の建物の残るチェルシー地区は、
年々、小洒落たエリアへと進化しています。

元ナビスコの工場を改装した
グルメショップスポット、
チェルシーマーケットへレッツらGOヒロミ。

内部は、工場の雰囲気が
そのまま残されていて、味があります。


$ESPRIT-3


チャルシーーマーケットには、
洋服屋、雑貨屋、直輸入のイタリア食材店、
ワインショップ、世界各国の調理器具のお店、
乳製品のショップ、ジェラード売店、
オーガニックのコーヒー屋、
有名なレストランやデリカテッセンなど、
名店とよばれるお店が沢山入っています。


$ESPRIT-3


ニューヨークのベストベーカリーショップ
ランキングに常に名前の挙がる
Amy’sBreadのパン工場もあります。
ニューヨークの有名なレストランで出てくる
パンのほとんどは、このAmy’sのパンだといいます。


$ESPRIT-3

「マッシュルーム、デカっ!」

マドモアゼルは、
各地のマーケットをのぞくのが好きです。
バウなものを見つけると、
テンションがあがります。

$ESPRIT-3

「なんちゃらきのこも、デカっ!」

$ESPRIT-3
これで$4(400円)くらい

「アスパラ、太ッ!」

ニューヨークでは、
アスパラが20~30本の束になって売られています。
しかも1本1本が極太です。
木みたいです。


$ESPRIT-3

リンゴはどの店でみても、
必ずテッカテカに磨かれています。

$ESPRIT-3

ドライソーセージ。

旨いのですけれど、
見た目が乾いたフンみたいです合格
(おっと失礼)


$ESPRIT-3

キュートなカップケーキ屋エレニーズ。

あちらのマーケットなどで見かけるケーキ類は、
激甘でおそろしい人工着色料!
辛党マドちゃんは、見て楽しむだけなのです。


$ESPRIT-3

 Chelseamarket

75 9th Avenue (Between 15th and 16th Streets),
New York, NY 10011

Monday - Saturday: 7am to 9pm,
Sundays: 8am to 7pm


ブルックリン・ブリッジ」につづく


ブルックリンの古着屋

$ESPRIT-3


古着好きとしても気の合うおともらちが、
ブルックリンの古着屋めぐりに
連れてってくれました。

それなりにお値段のはる
ビンテージものを扱うショップから、
カジュアルなショップまでが点在している中、  
倉庫街にある『ビーコンズ・クローゼット』は、
質良く、リーズナブルで、品が豊富!
日本からのバイヤーの方も、
買い付けに訪れるといいます。


$ESPRIT-3


マドちゃんの好きな、
ワンピースが沢山揃っていました!
山のように試着!
海外ものは、色と柄にパンチがあって、
イカスのです。

5着買っても、
$120(1万円)くらいでしたよ。
ブラボー!


$ESPRIT-3


beacon's closet
williamsburg store
88 n 11th street
brooklyn, ny 11211
718.486.0816

m-f 11am-9pm
s+s 11am-8pm



チェルシーマーケット」につづく



フラットアイアンをわしづかみッ!

$ESPRIT-3


築109年を過ぎた今も、
ニューヨークの代表的な建物としてあげられる、
ダニエル・バーナム設計の二等辺三角形の建物、
フラットアイアン。

ほぉ~ら、
角がこんなに薄いから(2mしかない)
マドちゃん、わしづかみぃ~!


$ESPRIT-3



ブルックリンの古着屋」につづく



ロックフェラーセンター

$ESPRIT-3


以前、少し書きましたが、
改めまして。

マンハッタンは五番街のど真ん中。
ロックフェラーセンターの19の商業ビル群は、
その繁栄を誇るかのように建っています。


$ESPRIT-3


エントランスホールの壁と天井には、
『石油発掘をする男達』なのでしょうか。
ミケランジェロタッチの巨大壁画に、
圧倒されます。


$ESPRIT-3


建物のところどころを細かく観ていると、
アールデコ調の装飾が施されていて、
いろいろな発見があります。

例えば、出入り口のドアの上部に、
コンパスを持つ人。
知恵と知識の不変性を持つ、
フリーメーソンとしての誇りを
あらわしているのでしょうか。
エントランスのあの壮大な壁画にも、
共通性を感じます。

と、マドモアゼルは勝手に想像。


$ESPRIT-3


中央のプラザには、万国の国旗がかかげられ、
『プロテウス』の黄金像が立っています。

冬のニューヨークの代名詞として
よく映像でお目にかかる、
あのスケートリンクはここです。
12月には巨大クリスマスツリーが飾られます。


$ESPRIT-3


全米最大の劇場『ラジオシティーホール』も、
この一角にあります。
今年の6月~10月までは期間限定で、
シルク・ド・ソレイユ最新作
Zarkana』 が上演中です。


$ESPRIT-3
アトラス像


フラットアイアン」につづく



フェルメールとオランダ

ESPRIT-3


「この街の自由な雰囲気は、
マドモアゼル、きっと好きだと思う!」

もう何年ものこと。
オランダからおともらちが
よこしてくれたお手紙には、
オランダの魅力が綴られていました。

そのおともらちは今、
マンハッタンで暮らしていて、
この春の、マドちゃんの長期滞在を
ありがたくも受け入れてくれたのでした。

アートにも造詣の深いおともらちご夫妻。
毎日、あちらこちらと散策しているマドモアゼルに、
「フェルメールが好きなら、
フリックコレクションに行くといいよ」
と薦めてくれていたのですけれど...

はい。ほんの近くまで行っておりました。
がしかし....
グッテンハイム美術館から、
そのままメトロポリタン美術館へ移動し、
1日で数千という大量の絵画を観たあげくに、
三半規管が麻痺してしまいまして、
マドちゃんヨロヨロ。
目と鼻の先にあるフリック邸にまで、
気力が持たなかったのです。
後日、その気になったときには休館日。
ガビィィィィーン!
結局、貴重な3点を拝まずに帰国しちゃったのでした。

というのも、世界に現存するとされている
フェルメールの作品は異常に少なく、
今のところ確認されているのは、
37点しかありません。
そのうちの15点はアメリカにあって、
ワシントンに4点。
ニューヨークに8点。
他に3点。

マドモアゼルは、今回のアメリカ滞在中に、
アメリカにある15点中の7点を拝見しました。
フリックコレクションへ行っていれば、
さらに3点の追加となるところでした。

「う~む」
マンハッタンに居たからには、
この3点は観ておくべき代物でした。
なぜならば、フリックコレクションは、
富豪フリック氏の遺言により、
館外貸し出しを禁じられているので、
他のフェルメール作品のように、
世界中で行われている美術展への
貸し出はされないのです。
『兵士と笑う女』『稽古の中断』
『女と召使い』を観るには、
フィリックコレクションへ行くしかないのですね。

そんな「う~む感」を感じながら、
最近読んでました、
福岡伸一氏著『フェルメール・光の王国』。

フェルメール好きの生物学者の著者が、
4年の歳月をかけて、
世界中に散らばっているフェルメール作品を
訪ね歩いた、写真と解説つきの紀行書。
福岡氏の旅にご一緒させて頂いたような気分で、
一気に読破しました。

そんなフェルメールはオランダの画家。
先日観て来たテオ・ヤンセンもオランダの作家。
そうそう、正月明けからゴッホも拝んでいましたしね。
オランダの気質には、
そそられるなにかがあるのでしょうね。
今年は興味の対照がオランダものづいている
マドモアゼルなのでした。


ロックフェラーセンター」につづく




ニューヨーク市立図書館

お話、ニューヨークへ戻ります。

$ESPRIT-3


マドモアゼルが書き物やお勉強をする時。
気の散るものの多い家の中では
集中しにくかったりするもので、
場所を変えてやることがよくあります。


$ESPRIT-3


そんなマドモアゼルが、
もしもマンハッタンで暮らしていたら、
仕事はここに持ち込んじゃうな!と思う
NO1の場所が、ニューヨーク市立図書館
『New York Public Library』。

460万冊の蔵書、
膨大な地図などのコレクション。
数十億以上の資料が保管されている館内は、
威厳と重厚感が漂っていて、
学べや!
励めや!
意欲が湧きます!


$ESPRIT-3


マンハッタンの中心、
五番街の40~42丁目沿いに建つ
巨大な大理石創りのボザール様式建築物は、
建築家カレール&ヘイスティングスの設計。
以前ご紹介したグランドセントラル駅
同じ設計者なのです。
確かに、エントランスの大きなアーチや
天井画が施こされているところなど、
雰囲気が良く似ています。


$ESPRIT-3

映画「デイ・アフター・トゥモロー」や
「ゴーストバスターズ」でも、
この図書館が登場していましたね。

$ESPRIT-3

窓から見える
エンパイアーステイトビルディングの風景が、
「あぁニューヨークだな~」と、
とても印象的でした。

$ESPRIT-3


今年、開館100周年を向かえた
ニューユーク市立図書館。
マドちゃんの好きな場所の1つです。



New York Public Library
Fifth Avenue and 42nd Street
New York, NY 10018




フェルメールとオランダ」につづく



鳥天食べてみらんかえぇぇ!

ESPRIT-3


大分の名物といえば、
かぼすと鳥天

男盛りッ!に盛られ過ぎの鳥天定食を、
ガッツリ食べるきなぁ~。

ついでに別府の鉄輪温泉にも
入っちみちみちみたけんど。
熱すぎて、ゆでだこになった、
マドモアゼルじゃけんのぉう~
デスぶぁぃ温泉




「Strandbeest」テオ・ヤンセン展@大分

※画像をクリックすると、
大きな画像でご覧になれます。

ESPRIT-3


21世紀のレオナルド・ダ・ビンチともよばれる
オランダのアーティスト、
テオ・ヤンセン展へレッツらGOヒロミ。

2005年以降、
世界的に名を馳せるようになったテオ・ヤンセンは、
砂浜を風力で歩く
”砂浜の生物”ストランドビーストを、
オランダ製の配線用
プラスチックチューブで制作している
キネティック(動きのある美術作品)作家。



ワシヤワシャと歩くビースト達の姿は、
甲殻類のようであり、
深海の生物のようであり、
スターウォーズに登場する乗り物のようであり、
ジブリアニメのキャラクターのようであり、
一度観た者を釘付けにしてしまう、
なんともいえない愛嬌があります。


ESPRIT-3

第一ブースでは、
オランダ・ハーグのビーチさながら
床一面に白砂が張られ、
素足でストランドビースト達と戯れられる
展示がなされています。


$ESPRIT-3


ストランドビーストの脚は、
コンピューターによって
長時間かけてはじき出された理想の数、
『聖なる11』+2本=計13本の
チューブの組み合わせによって円運動を行い、
滑らかに動くしくみになっています。

その動きは”本物の生き物”のようです。

$ESPRIT-3


侵食が進み、浜辺がなくなっていく海岸線をみて、
砂浜を再生する生き物を考えだしたテオ・ヤンセン。
いつしか自分が居なくなっても、
ストランドビースト達が
浜辺で活き続けてくれるようにしたい。
それが夢だといいます。


$ESPRIT-3


浜辺を歩くストランドビーストの身体には、
障害物と水を感知する用の
ホース(触覚)が着いています。

触覚の先に障害物や海水を感知すると、
自ら反対方向へ方向転換するという
おりこうさんなのです。


$ESPRIT-3

デモンストレーションブースには、
『アニマリス・シアメシス』君と、
『アニマリス・ユメラス』君がいます。
デモンストレーションタイムがやってくると、
2匹は交互に動いてみせてくれます。

ストランドビーストの中でも
最大のボディーと羽を持つ
『アニマリス・シアメシス君』が、
ワシャワシャと動いてくれました。

背中の羽をバッサバッサと揺らし、
お膝をあげて、小さなあんよ先で
横歩きするシアメシス君。
んんもぅっ!カワユス過ぎッ合格


$ESPRIT-3
ああ~面白かった!

日本では東京(終了)大分の
2カ所でしか開催されない、
浜辺の生物『テオ・ヤンセン展』。
連日、駐車場待ちの長い車の列が
できるほどの大盛況!
大分展は9月30日までです。



「どうぶつ家族」写真展

$ESPRIT-3
「キンイロジリス/カナダ」岩合光昭

お花にうっとりしている姿が
愛くるしいぃぃ~♪
マドちゃんの一番好きな作品キラキラ


岩合光昭氏「どうぶつ家族・写真展」へ
レッツらGOヒロミ。

マドモアゼルが岩合氏の写真が好きなのは、
被写体への愛を感じるからです。
そして、被写体からの「ことば」が
聴こえてくるようなところも、
岩合氏の作品ならではだと思います。

今回の写真展では、
砂漠や、サバンナ、氷河、大洋で
活き活きと過ごしている
動物家族の姿が収められていて、
生き物達がその世界で
「ちゃんと生きてる!」ことに、
嬉しくなりました。

ダイビングで、お魚の写真を撮るのが
趣味のマドモアゼル。
野生の生き物を写真に収める大変さは、
お察しするところでありまして。
「今だ!」という奇跡的なシーンに出会えるまで、
ひたすらねばり続ける作業は、
その被写体が好きでないとできません。
愛を持って、そしてどれもこれも
すばらしく愛くるしい生き物たちの
ベストショットを収められる岩合氏は、
流石!プロフェッショナル!なのです。


マドとデス(筆休め)

アンニュイな夜とデス。

CDChe Vuole Questa Musica Stasera/
Peppino Gagliard
をBGMに、
懐かしき『ヒロシ』風に読むとデス↓


$ESPRIT-3


マドデス。

新学期が始まり、
エブリデイ、カチューシャしとる場合じゃなく、
アイム、ビズィとデス。


マドデス。

そんなこんなしていたら、
尾張のOちゃんから
パンダが送られて来たとデス。
おぉ~カワユス温泉
ぱみゅぱみゅPONPONPON♪
(↑最近よく聴いとるとデス)

お楽しみ計画も立てよるとデス。
トゥゲザー旅行第二弾は、
メイビー、長野とデス。


$ESPRIT-3


マドデス。

カワユスパンダのお礼に、
あんよがヨボヨボしてきた
ベルサイユなおぼっちゃま君『靴下』と、
お庭のアイドル『カエル饅頭』とデス。


$ESPRIT-3


マドデス。

生き物はカワユスとデス。
明日、仕事が終わったら、
岩合光昭氏どうぶつ家族写真展に行くとデス。

メイビー、可愛たまらな過ぎて、
いっぱい奇声を発するに違いないとデス。


マドデス....


マドデス....


マドデス......





キョェェェェーッ!!!!


奇声の練習してみたとデス。
夜中にひんしゅくとデス温泉




グランドセントラル駅にちなんだ話題



(解説)
メールやネットで呼びかけた人々が、
ある特定の時間になると、
踊ったり、エクスサイズしたり、
同時になんらかの行動をするサプライズ集会
Flash Mob』をネタにしたCM。

このCMでは、12:00きっかりにダンスする予定が、
12:30に変更になったことを知らなかった
彼だけが踊りだしてしまいます。
4Gを入れてない携帯だったから、
変更の連絡(Flash Mob Moved to 12:30) の
ダウンロードに時間がかかって、
踊ってから気づいたのでした(I got it!)。



地球の裏側に住むおともらち夫妻が、
グランドセントラル駅で撮影された
このAT&T社の、携帯にData通信高速の
4Gの導入を呼び掛けるCMに
一瞬映る構内の時計を観て、

『グランドセントラル駅の時計に秒針ってあったけ?』
「どうだったっけ?」
とのお話をしていた矢先。

昨日マドモアゼルが更新した、
グランドセントラル駅の画像で、
「秒針はない」ということが確認できた!
タイムリーと、CM付きのメールが届きました。
お茶の間の話題のお役に立ててなによりデス。

ついでに皆様にもおすそわけ。
ね。きれいな駅でしょう。



NY市立図書館」につづく




今週のマドえさんは(筆休め)

$ESPRIT-3


ドロリッチな夏休みも終わり、
みっちりスケジュールの日々が再開しました。
脳みそクラッシュしないように、
ちょくちょくおサボりしながら、
冬休み前まで乗り切ろうと思う今日この頃。

新ベルサイユ宮殿計画が
のろのろと進行しつつある中、
アトリエを確保したあかつきには、
いっぱい絵を描いていこう!と思いきや。
とあるところから、
「作品があるなら出して!」とのご依頼。
新ベルサイユ宮殿に飾る用の絵も
創りたかったところでしたので、一石二鳥!
このついでにでっかいのを描いてしまおう、
芸術の秋。

そんなこんなしてるところ.....
先日のことでした。
学生時代の先輩方とゾロリ揃って、
ある観劇に行きました。

作品は、メインキャストの知名度に頼り過ぎて、
キャストさんがお気の毒になったほど。
2時間半の負の連鎖ストーリーに、
お客さんも脱力。

とはいえです。
そのあとからの先輩方との食事会ときたら!
まぁ~っ100倍面白かったとデース!
何年ぶりかの顔ぶれズラリに、嬉しや楽しや。
こればっかりで過ごしていたかったくらいでした。
今更隠すものはなにもない、
勝手知ったる人々との時間は温かいものですね。
温泉

先輩、ゴチになりました。
あぁ~食欲の秋。

グランドセントラル駅

$ESPRIT-3


毎日50万人の人が利用する
アメリカ最大規模の駅、
グランドセントラル駅。

ドーム型の天井に星座が描かれていて、
プラネタリウムのよう。
歴史のある、とても美しい駅なのです。

$ESPRIT-3



PSI」につづく


気分はSanta fe(筆休め)

ESPRIT-3


最近、マドちゃんのマイブームは、
サンタフェです。

以前、間取りを描くのが
マイブームになっていた際、
サンタフェの建築物の雰囲気が
好きだったことを思い出し、
サンタフェ・スタイルの写真集を見直せば、

「好きだわ~!」

また行きたくなりました。
再熱、リバイバル中!

サンタフェに住み、絵を描き続けた、
孤高の画家ジョージア・オキーフの
伝記を読みながら、
気分はすっかりあっちに行っちゃってる
マドモアゼルなのでした。



眠らない街が眠った@NY

$ESPRIT-3
地下鉄の入り口。
クローズされたそうです。
....ビニールテープだ....。


『24時間眠らない街ニューヨークが眠った』

先週末。
NY(東海岸側)を、
ハリケーン『アイリーン』が襲いました。

2005年8月末。
ハリケーン「カトリーナ」の上陸によって、
多くの被害を出してしまった教訓から、
NYの街ではかってないほどの
警戒態勢が発令されました。
海抜ゼロm地域の住民は避難命令。
地下鉄や交通網は土曜正午~全面ストップ。
ベースボールの試合、ブロードウェイのショーは中止。
各店舗もクローズし、眠らない街マンハッタンが、
完全なる「孤島」と化したのでした。

ミッドタウンに住むおともらち。
食料を買い込み、
金曜日の夜からおこもり状態。
フランス映画鑑賞&お昼寝付きで、
マッタリと過ごしていたようです。

結局は、普段東京にもよく来る「台風」
レベルだったそうで、
「大都会で交通を2日近くも完全遮断し、
シェルターにこもる、っていうのは、
オーバーリアクションな感じもしたけれど...」
とのメールが届きました。

それでもグランドゼロのあるダウンタウン地区や、
ブルックリン、ニュージャージ地区では
浸水の被害が出ています。
地下室の多いNY。
水のくみ出しは一苦労なのです。

せんだってより、
ワシントンDCから東海岸かけての
大きな地震で大騒ぎしたばかりでしたしね。
たて続きの自然災害。
おともらちやみなさんがご無事でなによりでした。


日本は台風12号がそこまできています。
台風進路のお近くにお住まいの皆様、
くれぐれもご注意下さいね。

カレンダー
08 | 2011/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

マドモアゼル

Author:マドモアゼル

沖縄の海に珊瑚を植えよう!
プロジェクトに参加しています! ただ今30人の仲間といっしょに 珊瑚の種付け待機中↓ アナタもお友達と一緒に 珊瑚の里親になりませんか? 詳しくは文字をクリックしてね
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。